マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

セミ捕り爺・物語 ~ 早朝からの爆音鳴き対策

梅雨明けと同時に、早朝からセミの鳴き声で目が覚めるようになった。
鳴き声などという優しいものではなく、すさまじい爆音でたたき起こされてしまう。
不思議なことに、午前中で鳴き止み、昼からは嘘のように静かになる。

この早朝の爆音に悩まされようになったのは、昨年くらいから。

我が家の庭木にとまっているセミが原因。
シマトネリコにいるセミ
鳴き声から判断すると、せいぜい数匹だろうと思っていたが、
シマトネリコを室内から窓越しに眺めるだけで、3匹も確認できた。

どこだかわかるかな?

ここだよ。
トネリコでくつろぐクマゼミ
無防備にも、すぐ手が届きそうな高さの枝にとまって、グループでくつろいでいる。
人間に対する警戒心が無いよう。

あきらかに舐められてるね…。

拙宅には、4m超える高木が、シネトネリコ×3本、オリーブ×2本、エゴノキ×1株、と合計6本あって、セミの棲み処になっているらしい。

毎朝、早朝6時に爆音で起こされていては、睡眠不足になってしまうし、ふだん閑静な住宅街では、はなはだ近所迷惑。
このままでは、苦情を言われてもおかしくない。

なにか手を打たなければ。

◆ 放水作戦

最初にやってみたのは、水をかける作戦。
朝、鳴きはじめた頃に庭に出て、ホースからのビーム放水で追っ払ってみた。
水で羽が濡れるのを嫌うらしく、直撃するとすぐに逃げ出す。
短時間なら効果はある。

ただし、しばらくするとまた戻ってきて、爆音合唱を再開される。

繰り返し放水していると、水に慣れてしまうのか、水がかからないよう上手に隠れているのか、
漫然とした放水では、逃げ出さない固体が増えてきた。
結局、放水は気休め程度で効果なし。

◆ 殺虫剤

殺虫剤は全く効果なし。セミは大型昆虫なので、キンチョールやアースジェット級のハエ・蚊・ゴキブリ用スプレー剤は効かない。
スズメバチ用の強力タイプなら効果があるらしいが、強力過ぎて人体にも有害だというので、使いたくない。

◆ セミ捕獲作戦

こうなったら、仕方がない。ローテクだけど、1匹ずつ捕まえて殲滅する作戦に切り替える。

とりあえず百均に行ったら、探し物があった。
子供の夏休み用品として、タモ(虫捕り網)と虫かご。
百均のタモ
100円なので、柄が短いし、タモの直径も小さい。
ちょっと頼り無さげだけど、これくらい小型の方が入り組んだ枝の中でも操作しやすくて、いいかもしれない。

さっそく、庭で蝉とりを始める。
たぶん、子供のころ、母の実家に行って、従兄と蝉取りをした時以来、40年ぶり。

で、やってみると…

長いブランクをものともせず、面白いように捕れる。セミの方に無警戒な個体が多く、
30分の出動×3回で、11匹の捕獲に成功。

そのうちの1匹は、空中を飛行中の個体をタモでキャッチという離れ業だった。
もしかして、僕って、蝉取り名人かな(笑)。

もちろん、逃げられることもある。
どうやらセミには学習能力があるようで、次第に人を恐れるようになり、
近づくだけで逃げていく固体が増えてきた。

だいたい、捕獲成功率は40%くらい。まずまずの戦果。

黒い頭髪は警戒される。頭にはカモフラージュ効果のある帽子をかぶった方が良い。自然素材の麦わら帽子でOK。

捕獲したセミ戦果

捕獲した個体には、クマゼミが圧倒的に多かった。
それに、アブラゼミが混ざっている。

クマゼミ 9匹
アブラゼミ 2匹


もともと、長久手のような愛知県の丘陵地にクマゼミはあまり生息していなかったはず。
子供のころの記憶では、主に見かけるのはミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシだったと思う。
ここ、2、3年のうちにクマゼミが急増したらしい。

本来南方種であるクマゼミが当地で急に増えたのは、最近のことなので、これも地球温暖化の影響ではないか?

クマゼミは、他の種類よりも体が大きくて、鳴き声もすさまじくうるさい。
クマゼミは、早朝から午前中にかけて集中的に鳴く。
早朝の爆音は、温暖化によるクマゼミの異常増加が原因だったのだ。

さて、駆除の効果でとりあえず拙宅は静かになったが、ご近所の庭からクマゼミの鳴き声が聞こえてくる。
それこそ、町のそこら中に生息しているよう。
一軒だけ駆除しても、一時しのぎにしかならないだろう。
やはり、地域全体で駆除に取り組まないと…。

スポンサーサイト

らくらくガーデニングのため、ハサミを2点購入した

ガーデニングの基本作業は、花がら、枝葉をハサミで切り落とすこと。
最初は、廉価なものを使い捨て感覚で選んでいたが、使用に耐えるのは最初だけで、すぐに切れなくなる。

ハサミ類もプロの庭師さんが使うような定番品を買ってみた。

岡常の剪定ばさみ
岡常の剪定ばさみ。堂々の日本製!
廉価な復旧品の3倍近い値段がする。しかも、普及品がステンレス素材でさびにくいのに、岡常の剪定ばさみは、鋼製でオイルメンテナンスが欠かせない。

実際に使ってみると、切れ味バツグンで剪定がはかどる。刃にヤニが付着してきても、切れ味が落ちにくく、閉じた鋏の戻り具合も良好で、使い勝手が変わらない。

長期的には、刃を砥ぎなおすことで切れ味を維持できるらしいが、素人が砥ぐのは難しいだろう。

ちなみに、岡常は、尾道市因島に本社と工場がある。つまり、サイクリストの聖地しまなみ海道にあるというわけ。
ねっ、ちゃんと自転車と関係があるでしょう? このプログは、いちおう自転車ブログだから…。

もう一つ購入したのが、これ。
千吉の太枝切ばさみ
普及品の太枝切ばさみ。アマゾンでわずか1000円くらいだった。
ただし、しっかり作られていて品質は◎。

これが、思っていた以上に便利。今まで、ノコギリを使わないと切れなかったような枝も、一発で切り落とせる。しかも、切り口が綺麗なので、植物を痛めにくい。
高いところにある枝にも届いて、パチンと切れる。

さらに、これは予想外の発見だったのだが、剪定した枝葉を袋詰めするために、短く切り刻む作業で大活躍。袋詰めにかかる時間が何分の一かに短縮できた。
最近導入した機材としては、ガーデニングの省力化に最も劇的な効果があった。

我が家の雑草駆除戦線

春から初夏にかけて、我が家の庭にも、雑草がわんさか生えてくる。
毎年、悪戦苦闘して駆除している。
家族総出の人海戦術で草むしりをやっていたこともあるが、すぐに再生してしまい、きりがない。
何も考えず、ただ草むしりをするだけでは、全く埒が明かない。

「なるべく除草剤は使いたくないから…」 初めは皆そう思うらしいが、そんなロマンチックな考えでは手に負えないことがすぐに分かる。除草剤は、使用法を守って正しく使えば、さほど危険なものではない。

雑草駆除にも戦略と戦術(武器=除草ノウハウ)が必要だと痛感。

孫氏の兵法じゃないけれど、まず敵をよく知り(名前と性質)、自分にできる戦法(有効な駆除方法)をとれば、制圧できるはず。



東部戦線(東側の庭)

カラスのエンドウ

イワダレ草(リッピア)でグランドカバーした法面に侵入したカラスのエンドウが厄介だ。
雑草抑制効果が高いという評判のリッピアだが、カラスのエンドウには全く太刀打ちできない。
そのうえ、カラスのエンドウの除草はかなり難しい。葉や茎の形状と色がリッピアと酷似していて、まるで擬態のような塩梅になっているため、発見が難しい。ピンクの花をつけているのが目印。遅くとも、エンドウ豆のような種子をつけたところで、逃さず、引っこ抜く。種が落ちてしまったら来年大変だ。芝生の中であれば、選択型除草剤で、簡単に駆除できるのだが、リッピアの中では除草剤は使えない。現在、一番の難敵である。

TM9の中に蔓延るスギナ

昨秋、TM9を張る前に地面を耕したとき、スギナの地下茎を短く切り刻んだらしい。それが、今春のスギナ大繁殖を招いた。TM9を突き破ってスギナが生えてくる。
だが、張ったばかりのTM9に、除草剤は使いにくい。地上部を刈り取り、消石灰をまいて、勢いを抑える作戦で凌いでいる。TM9が定着した頃、MCPP+グリーンアージランのカクテル剤で殲滅してやろう!


北部戦線(隣家との境界)

ヤブガラシ

生け垣の根元から生えてきたつる草がヤブガラシだと分かった。立木に巻き付いてからしてしまう、最悪の種類の雑草である。

別名、貧乏カズラ。語源は

庭の手入れどころではない貧乏な人の住処に生い茂る
ヤブガラシに絡まれた家が貧相に見える
ヤブガラシが茂ったことが原因で貧乏になってしまう


全然、笑えないじゃないの!!

根元から引き抜いたが、生命力が旺盛で翌春に何倍もの数に増えて生えてきた。 ← 後に、これがそもそも戦略上の大失敗だったことを知る。地下に巨大な根っこのネットワークができているのだろう。濃い目のラウンドアップ・マックスロードを葉茎に塗布して、撃滅する作戦を計画中。25倍から50倍くらいがメド。
今年こそ、適切に対処しておかないと、来春以降、とんでもない難敵になる可能性大。

嘘か真か? ヤブガラシの蔓を途中で切らないよう、ていねいに立木から外して、丸めて地面に置いておくだけで自然に枯れてしまうらしい…。


もしラウンドアップ作戦で効果がなければ、試してみよう。


南部戦線(南側の庭)

高麗芝生の中のカタバミ

最初は手でむしり取っていたが、すぐに再生してしまい、きりがない。調べると、地下深く根を張るので、地上部だけをとっても、すぐに再生するらしい。小さな黄色い花はかわいらしいが、花が終わると種を1メートルくらいとばして、どんどん繁殖地を広げていく。
カタバミには、芝生用の除草剤が有効。言い換えると、除草剤以外に有効な駆除方法はない。芝生の敵には、MCPP+グリーンアージランのカクテル攻撃だ!

全戦線にて

ヘクソカズラ

いたるところから生えてくる。名前のインパクトが凄いが、葉茎をこすると、実際に嫌な臭いがする。地面を這うようにランナーを伸ばしていてって、伸びた先で根を出して定着していく。薄めのラウンドアップを50cm位の長さの葉茎にかけて、1か月様子をみたことがあったが、枯れなかった。(※ただし、成長は止まった) 恐るべし生命力。濃い目のラウンドアップなら効くかな?


雑草はどこからやってくるの?

我が家は一応、住宅街の中にあって、東西南北、普通の住宅と舗装道路に囲まれている。新居に越してきた頃は、どこから雑草の種が侵入するのか不思議に思っていた。スギナは胞子で繁殖するので、風に乗ってどこからでもやってくる。西洋たんぽぽの種も風に運ばれてくる。

では、風に飛ばされない種子はどうして来るの?

庭の植栽が育ってくると、野鳥がやってくるようになる。日中は、毎日さわやかな小鳥のさえずりが聞こえて心地よい。
鳴き声で判別すると、スズメ、シジュウカラ、メジロが多いようだ。

うっ、まてよ!

たぶん、野鳥が持ち込んでくるのだろう。野鳥が糞をすると、その中に雑草の種子が混ざっていて発芽するという機序。野鳥の身体に付着した種子が落ちるということもあるだろう。
これは防ぎようがない。

だから、毎年、新たに侵入する雑草との闘いが永遠に続くのさ!
プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード