マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

若くして急性心筋梗塞を起こした方へのメッセージ

このブログを書き始めた目的は、そもそも自分のリハビリ経験を書き残すことでした。
もし、どなたかの参考になることがあれば、幸いです。

20代から30代にかけて我武者羅に働き、ようやくある業種の仕事で花を咲かそうというときに、
猛暑日のゴルフ練習場で急性心筋梗塞を起こしてしまいました。
まだ40代に入ったばかりの頃です。

冠動脈に貼り付いていたコレステロールのプラークが突然はがれ、そこに血小板が凝集して動脈を塞いでしまうという若い世代に多いタイプの急性心筋梗塞。



不幸中の幸いだったのは、治療が早く行われたこと。
後遺障害が最小限で済みました。

2度の手術を経て、退院。

早期の社会復帰を目指して、リハビリに取り組みます。
しかしながら、最初の4年間は、芳しくありませんでした。
自宅の1階から2階まで階段で上がるのに、最低1回は休まなければならないくらいの体力しかなかったのです。
旅行に出かけても、坂道を上るには妻に後ろから腰を押してもらう必要がありました。

人並みに働くことができなくなりました。体力勝負の仕事は全く無理。
ストレス耐性も無くなってしまい、仕事の重要な局面で支障をきたすように。
闘病中に、主だった仕事をいくつも失ってしまい、残ったものはわずか。
失意の日々を過ごします。

そんなとき、あるワークショップがきっかけで自転車という素晴らしい趣味と出会いました。
ロードバイクが自分の肉体には大変適していたようで、その後はリハビリが一気に進展。
心肺能力が劇的に向上して、日常生活では、あまり不自由を感じることはなくなりました。
日ごとに速く、遠くまで走れるようになっていくことが嬉しくて嬉しくて。
自転車に乗ることが楽しくて仕方がなかった時期です。

ついには、心臓にメスを入れたことさえ忘れてしまい、

「もしかしたら、健常者と同じ体力を得られるんじゃないか…」

そんな夢を見るようになりました。
こんな私でも、20代の前半までは、いっぱしのスポーツマンを気取っていて、身体能力には過剰なほどの自信があったのです。

「若く健康だった頃の自分に戻りたい…」


その夢をかなえるため、リハビリの成果を確認したいがために、ブルべへの挑戦を決意します。

※ブルべとは、公道に設定されたルートを制限時間内に自転車で走り切るスポーツ。200km、300km、400km、600kmの区分がある。年齢や性別によるレベル分けがない。



主治医は当然反対しましたが、僕の意思が固いことを感じとり、

「少しでも危険を感じたら、リタイアする勇気を持ってください」


と、背中を押してくださいました。
この一言に込められた優しさは生涯忘れません。まさしく名医の言葉でした。

もちろん、本格的なスポーツに取り組む上での医学的な前提条件をクリアしていました。

心不全がない。
狭心症の兆候が全くない。
血液検査に異常値が見られない。


ちょうどこの頃から医学界でも、心臓発作後は安静に務めるより、早い段階から積極的なリハビリをした方が、
圧倒的に予後が良いという新しい認識が広まっていた時期でした。


ところが、現実は厳しい。

健常者のブルべ参加者に比べれば、脆弱な肉体の持ち主である自分には、200kmを走りきるという
一番下のクラスでも過酷すぎて、なかなか達成できません。
急な坂道は極端に苦手。途中で何度も足つき休息をしなければなりません。
(そもそも、心筋梗塞を起こしたエンジンなので、それがアタリマエ)

頑張って長距離を走ってきても、途中で目が見えなくなったり、両膝をひどく痛めてしまったり、
直観的に身の危険を覚えたりと、さまざな理由で、リタイアを繰り返しました。

それでも、諦めずに挑戦を続けました。

「今回はダメだったけれど、次はきっと行けるさ!」


そんな楽観的な考え方ができたのも、自転車が好きだったからです。

そのうちに、時々は成功するようになりました。
何枚かの認定メダルを獲得できたのは、自分としてはよくやったものだと思います。

(実際、医学的な常識に照らせば、本当に大した成果なのですよ!)


さらに上のクラスへの挑戦を開始します。
幸か不幸か、その頃から公私ともに多忙になり、自転車に十分な時間を割けなくなってきました。
わずかに残った仕事を大切に育ててきた努力が実り、忙しくなってきたのです。

50代に入ると、リハビリによる能力向上の速度と、加齢による衰えの速度が逆転してしまったようで、
自転車に乗っても、走力の向上を感じられなくなってしまいました。
命をつなぐため大量の薬を飲み続けていることも、衰えを早める一因かもしれません。

家族の反対もあって、これ以上のブルべ挑戦は止めることにことにしました。
ブルべ制覇の夢はかないませんでしたが、その過程で、日常生活に不自由のない心肺能力を取り戻すことができたのですから、悔いはありません。

以上が40代前半で急性心筋梗塞を起こし、その後10年にわたってリハビリを続けた、おじさんの記録です。

心臓に限らず、内臓にメスを入れた場合、リハビリによる回復には年単位での時間がかかることが多いようです。
自分に適したリハビリ方法を見つけて、焦らず、諦めず、マイペースでリハビリを続けて下さい。
停滞している期間があっても、何かのきっかけで大いに進展することがあります。
臆さずに、様々なことに挑戦しましょう。自分が楽しめる方法が最上のリハビリかもしれません。
ただし、リハビリを続けていけば、無限に能力が向上するというものでもありません。いつかは限界に行きつきます。
限界に気が付いたら、時間をかけて、その事実を素直に受け入れましょう。
そして、長年にわたりリハビリを続けてきた自分を称えましょう!
自分に残された可能性を最大限に引き出したのだから

スポンサーサイト

本年度の蝉捕り作戦終了 ~ ようやく安眠生活を取り戻す

毎朝の日課になった、蝉捕りじじい活動

8月に入り、アブラゼミも増えてきたが、そっちは無視して、クマゼミ捕獲に集中した。

捕獲方法を研究して、虫捕り網二刀流を思いつく。
長い竿と短い竿を高さに応じて使い分けた方が、失敗が少ない。
また、捕獲用の網と別に、一本をおとりに使って、セミの注意を惹いておくと、うまくいくことがある。

捕獲成功率は、だいたい3回に1回程度。
失敗の原因は以下のようなもの。
せっかく見つけても、セミがいる位置がそもそも高すぎて虫捕り網が届かなかったり、枝葉が邪魔になって、うまく網を回せなかったり、特別に用心深い固体だったり。

クマゼミの捕獲数記録

7月22日(土) 5
7月23日(日) 6
7月24日(月) 7
7月25日(火) 5
7月26日(水) 4
7月27日(木) 3
7月28日(金) 4
7月29日(土) 0
7月30日(日) 2
7月31日(月) 1
8月1日(火) 0
8月2日(水) 2
8月3日(木) 4
8月4日(金) 0
8月5日(土) 3
8月6日(日) 2

8月9日(水) 2
8月10日(木) 1
8月11日(金) 2
8月12日(土) 3
8月13日(日) 2


合計58匹  

※9割ほどがオス。鳴かないメスは見つけにくい。

どう考えても、これだけの数のクマゼミが一個人の狭小庭で生息できるはずがないのだから、どこかの公園や緑地帯が一大繁殖地になっていて、そこから飛来するのだろう。
そうだとすると、たとえば自治体でクマゼミを害虫指定するような条例をつくってもらって、行政が対策に乗り出してくれないと抜本的な解決にならないよね~。

お盆休み頃の台風通過とともに、クマゼミが激減し、8月20日を過ぎたあたりで、自宅付近でのクマゼミはほぼいなくなった。
しばらく、雨天が続いたのも影響したらしい。
どうやら、当地でのクマゼミのシーズンか終了した模様。
ようやく、毎朝の安眠を取り戻した。

ただし、藤ヶ丘駅より西側の標高の低い住宅街、本郷や上社あたりを通りかかると、まだクマゼミの盛んな鳴き声が聞こえる。クマゼミ成虫の生態は、気温の変化が影響するらしい。


セミ捕り爺・物語 ~ 早朝からの爆音鳴き対策

梅雨明けと同時に、早朝からセミの鳴き声で目が覚めるようになった。
鳴き声などという優しいものではなく、すさまじい爆音でたたき起こされてしまう。
不思議なことに、午前中で鳴き止み、昼からは嘘のように静かになる。

この早朝の爆音に悩まされようになったのは、昨年くらいから。

我が家の庭木にとまっているセミが原因。
シマトネリコにいるセミ
鳴き声から判断すると、せいぜい数匹だろうと思っていたが、
シマトネリコを室内から窓越しに眺めるだけで、3匹も確認できた。

どこだかわかるかな?

ここだよ。
トネリコでくつろぐクマゼミ
無防備にも、すぐ手が届きそうな高さの枝にとまって、グループでくつろいでいる。
人間に対する警戒心が無いよう。

あきらかに舐められてるね…。

拙宅には、4m超える高木が、シネトネリコ×3本、オリーブ×2本、エゴノキ×1株、と合計6本あって、セミの棲み処になっているらしい。

毎朝、早朝6時に爆音で起こされていては、睡眠不足になってしまうし、ふだん閑静な住宅街では、はなはだ近所迷惑。
このままでは、苦情を言われてもおかしくない。

なにか手を打たなければ。

◆ 放水作戦

最初にやってみたのは、水をかける作戦。
朝、鳴きはじめた頃に庭に出て、ホースからのビーム放水で追っ払ってみた。
水で羽が濡れるのを嫌うらしく、直撃するとすぐに逃げ出す。
短時間なら効果はある。

ただし、しばらくするとまた戻ってきて、爆音合唱を再開される。

繰り返し放水していると、水に慣れてしまうのか、水がかからないよう上手に隠れているのか、
漫然とした放水では、逃げ出さない固体が増えてきた。
結局、放水は気休め程度で効果なし。

◆ 殺虫剤

殺虫剤は全く効果なし。セミは大型昆虫なので、キンチョールやアースジェット級のハエ・蚊・ゴキブリ用スプレー剤は効かない。
スズメバチ用の強力タイプなら効果があるらしいが、強力過ぎて人体にも有害だというので、使いたくない。

◆ セミ捕獲作戦

こうなったら、仕方がない。ローテクだけど、1匹ずつ捕まえて殲滅する作戦に切り替える。

とりあえず百均に行ったら、探し物があった。
子供の夏休み用品として、タモ(虫捕り網)と虫かご。
百均のタモ
100円なので、柄が短いし、タモの直径も小さい。
ちょっと頼り無さげだけど、これくらい小型の方が入り組んだ枝の中でも操作しやすくて、いいかもしれない。

さっそく、庭で蝉とりを始める。
たぶん、子供のころ、母の実家に行って、従兄と蝉取りをした時以来、40年ぶり。

で、やってみると…

長いブランクをものともせず、面白いように捕れる。セミの方に無警戒な個体が多く、
30分の出動×3回で、11匹の捕獲に成功。

そのうちの1匹は、空中を飛行中の個体をタモでキャッチという離れ業だった。
もしかして、僕って、蝉取り名人かな(笑)。

もちろん、逃げられることもある。
どうやらセミには学習能力があるようで、次第に人を恐れるようになり、
近づくだけで逃げていく固体が増えてきた。

だいたい、捕獲成功率は40%くらい。まずまずの戦果。

黒い頭髪は警戒される。頭にはカモフラージュ効果のある帽子をかぶった方が良い。自然素材の麦わら帽子でOK。

捕獲したセミ戦果

捕獲した個体には、クマゼミが圧倒的に多かった。
それに、アブラゼミが混ざっている。

クマゼミ 9匹
アブラゼミ 2匹


もともと、長久手のような愛知県の丘陵地にクマゼミはあまり生息していなかったはず。
子供のころの記憶では、主に見かけるのはアブラゼミ、ニイニイゼミ、ツクツクボウシだったと思う。
ここ、2、3年のうちにクマゼミが急増したらしい。

本来南方種であるクマゼミが当地で急に増えたのは、最近のことなので、これも地球温暖化の影響ではないか?

クマゼミは、他の種類よりも体が大きくて、鳴き声もすさまじくうるさい。
クマゼミは、早朝から午前中にかけて集中的に鳴く。
早朝の爆音は、温暖化によるクマゼミの異常増加が原因だったのだ。

さて、捕獲作戦の効果でとりあえず拙宅は静かになったが、ご近所の庭からクマゼミの鳴き声が聞こえてくる。
それこそ、町のそこら中に生息しているよう。
一軒だけ対策しても、一時しのぎにしかならないだろう。
やはり、地域全体で駆除に取り組まないと…。

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード