マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

にわか家賃Gメン奮闘記 任意交渉後…初回の支払日

合意書を交わしたものの、結局、未払いで放置されるのではないかと疑っていたが、杞憂だった。

期日の朝、口座を確認すると、約束の金額がきちんと入金していた。

支払い方法に、銀行口座自動送金を指定したのも良かったのだろう。
決められた期日に、決められた金額が自動的に振り込まれるので、
入居者が家賃支払いをうっかり忘れてしまうというミスが無くなる。

滞納分の分割返済額と、当月分の賃料をまとめて払ってもらっているのでけっこうな金額になるのだが、それが払えるということは、新しい勤務先での仕事を続けているのだろう。

案外、当初懸念したほど悪質な家賃滞納者ではないのかもしれない。

少し家賃の支払いが遅れたり、金額が不足していたりしても、(超・適当な)家主が何も言ってこなかったので、「毎月の期日に決められた金額を支払わなければならない」という緊張感や責任感が薄れていってしまったのではないだろうか?

鉄則は、よくいわれるように、期日に家賃が入っていなかったら、躊躇せず、即催促すること。

若い入居者にとっては、借金から逃げずに、すべて返済するかどうかで、今後の人生が違ってくるはずだ。もし、ここで逃げてしまうと、一生逃げ回るようなみじめな人生になってしまう可能性が高くなる。
人間、一度負け癖が付くとなかなか抜け出せないものだ。

このまま、無事に完済してくれることを祈る。
生活を立て直して、胸を張って生きていける立派な大人になってもらいたい。
スポンサーサイト
【 2019/03/05 (Tue) 】 家庭生活 | TB(0) | CM(0)

にわか家賃Gメン奮闘記

身内から頼まれたのは、家賃滞納者への対応。

本人の電話は不通。連帯保証人も電話不通。
郵便受けに郵便物があふれかえっている状態。

相談があった時点で、8か月分も滞納している悪質なケース。
なぜ、それほどまでに滞ったのかというと、管理会社が人手不足のため、催促業務にまで手が回らなかったらしい。そうなると、家主自身が催促して回収となるのだが、家主が高齢のため、対応困難。

弁護士に依頼すると、着手金だけで30万円はかかってしまう案件。そもそも、家賃滞納は嫌がられる案件のようで引き受けてくれる弁護士を見つけるだけで一苦労するだろう。

それで、親族の中で一番のユーティリティプレーヤーである自分のところにお鉢が回ってきたという訳。
身内の困りごとなので、自分は無償でお手伝いするヨイ子だよ。

家賃滞納に対する一般的な手順は、以下のような流れらしい。

督促状送付 ⇒ 内容証明に配達証明をつけて督促状送付⇒ 簡易裁判所で少額訴訟と明け渡し訴訟 ⇒ 判決 ⇒ 強制執行



上の手順の途中で解決すれば良いのだけれども、たいていは強制執行まで行ってしまう。本来、敗訴側の借主が全額費用を負担する筈なのだが、借主にそんな経済力があるはずもないので、家主が身銭を切ることになる。家主は未納賃料に加えて、裁判費用や強制執行費用まで負担することになるので、泣きっ面にハチだ。


さて、にわか家賃Gメンの目標は、上記の裁判手続きに持ち込まず、任意交渉で解決すること。

かといって、連絡の方法がないのだから、交渉のしようがない。どうしたらいいのだろう?

実際に物件に行って、呼び鈴を押したり、声をかけてみたりしたが、反応がない。
長期間連絡不能ということは、最悪の場合、室内で死亡している可能性もある。←チョーコエー
ドアのすき間に近づき、恐る恐る鼻をくんくんさせたが、とりあえず、変な臭いはしていないよう。←ホントにコエー

玄関ドアに少々細工をして、いったん撤退。数時間後に戻り、出入りがあることを確認。←生存していてよかった

やはり、居留守を決め込んでいるようだ。
少なくとも夜逃げされていないことがわかり、一安心。

にわかGメンは、ドアスコープから見えない位置で待ち伏せして、入居者が仕事にでかけるところを捕まえた。

「○○さん!…」 ← 名前で呼びかけられると逃げられないと観念するらしい。

短時間だが、立ち話に成功。

連帯保証人の父親は病死したという。
来月、2か月分まとめて払うと、自分から言った。
電話番号とメールアドレスを書いてもらい、その場は引き上げる。



後日、任意交渉の場を設けて、滞納者に来てもらう。
会場はカフェヨシノ(笑)。

滞納者、家主、にわかGメン、マンション管理員の4名でヨシノの4人席に着席。
若い滞納者は、ややおびえている様子。
心配ない。大丈夫だからと繰り返し言って、安心させる。


連帯保証人の父親が病死したことを確認。
離婚した片親とは疎遠だという。
本人には滞納分を一括返済するだけの資金がない。
姉妹がいるが、滞納家賃を立て替えてもらうことはできないという。

滞納分は分割払いにして当月分の家賃と一緒に払う
約束の期日に支払いが無い場合は即日、契約解除する
契約解除となった場合は、△日以内に退去する
退去後の残置物について一切の権利を放棄する


という合意書をとって、交渉終了。

後は、期日通りに支払ってもらえば、無事に解決 … するかな?
まぁ、素人のにわかGメンにしては上出来かな。
【 2019/01/14 (Mon) 】 家庭生活 | TB(0) | CM(0)

10尺(3m)園芸用三脚のインプレ

4m超えの高木の手入れは、これまで高枝切ばさみや家庭用の踏み台でやってきたが、さすがに限界を感じてきたため、
園芸用の三脚を通販で購入した。

トラックで配達された、このアルミ製の長尺物は、メーカー直送品だった。
※ちなみにホームセンターの店頭で購入するとトラックを借りて自分で持ち帰ることになる。通販は便利。
園芸三脚10尺
10尺(3m)のアルミ園芸三脚。
軽トラックに何とか積めるくらいのサイズかな?

三脚を立てかけているオリーブの木(ボウボウ(汗!))は5mくらいに伸びている。

3~4m級のハシゴよりも格段に取り回しが難しく、あちこちにぶつけてしまう。2等辺三角形という形状のためだ。
重量は、男性なら無理なく一人で運べるが、女性には重すぎて辛いだろう。

当然、普通サイズの物置に収納できるはずがなく、置き場所がかなり限定される。当家は家の軒下に寝かせて置いているが、購入前によく検討しておく必要がある。
当家のような一般的な家庭の庭だと、このくらいのサイズが限界のよう。これより大きなサイズも販売されていて、さらに高いところにまで届くのだが、これにしておいてよかったと思う.

命を預ける道具だから、安心の日本製を選択した。
長谷川工業 アルミ園芸三脚 グリーンステップ GSC-300T

さっそく、ちょっと剪定してみた。
オリーブ剪定後
体勢を変化させても安定感抜群で不安を覚えることはなく、やはり高所の手入れがしやすい。

奥の支柱が棒状のため植木に寄せて立てられるし、支柱の長さを調整すれば、法面などの傾斜地でも使える。
底辺の幅が広いので、普通の作業用脚立よりも左右方向に安定している。なるほど、園芸専用品はよくできている。

家庭用の踏み台は、左右方向に不安定なため剪定時に使用するのは危険!



10尺(3m)といっても、実際に脚をかけられるのは、上から3段目までと規制されているので、足場の高さは最高で2.1m。
平均的身長の人なら、手を挙げれば、上に2mくらい届くはずだから、合計で4mプラスの高さまで手入れができる計算。

総合的にみて、一般家庭の庭なら、庭木は、せいぜい4m台が自分で手入れのできる高さの限界だろう。

プロの庭師さんに依頼するとき、5m超えの植木の剪定が含まれると特別料金が上乗せされると聞いたことがある。自分でやってみると納得する。そのために、特別に長い三脚や足場が必要になるのだから。

長谷川工業 アルミ園芸三脚 グリーンステップ GSC-300T

報道「省庁が障害者雇用水増し、軽度も加算の疑い」について意見


数字を誤魔化したという総論については確かにケシカランと思いますが、各論ではむしろ適切な対応ではないかという意見です。


「障がい者手帳の無い糖尿病患者を、障がい者として雇用していた」ことが問題のひとつに挙がっていました。


これ、むしろ、妥当な対応だと思うんですけどね。糖尿病と言っても、1型、2型、インスリン依存の有無で分かれるんでしょうけど、インスリン必須の患者は、障がい者手帳が無くても、障がい者雇用の対象に含めてもいいでしょう。もちろん、軽度の2型は対象外にして。

さらに、障がい者手帳のない、指定難病患者も含めましょう。

・採用側は、現状では、狭い対象者の中から人材を採用しなければならず、法定雇用率の達成に四苦八苦しているのですから、対象者の絶対数が増えることで、選択の幅が広がって助かる。職場に適した人材を採用しやすくなる。

・実務能力に欠けている障がい者を無理に採用した結果、周囲の同僚に多大な迷惑をかけ、職場全体の生産性が低下してしまうという弊害が減ることも期待できる。

・障がい者手帳は無いけれど、様々な面で健常者にはないハンディを抱えている慢性疾患患者にも、就業および社会参加の機会が増える。

双方にとって、いいじゃないですか!

この案の利点は、障がい者手帳所持者の数を増やさないので、障害年金の受給者数を増やさないところにもあります。行政側の財政にも優しい方向です。


※僕自身は、血糖値正常で、糖尿病とは無関係ですよ。念のため。

長久手って、バブルなの?

イオンモール長久手、イケアストア長久手と立て続けに、大型店がオープンしたこともあり、
最近、メディアでも取り上げられる機会が増えた長久手地域。

住民の平均年齢が若いことでも全国的に知られています。
長久手でも新興住宅街の市が洞地区では、小学校の学級数の多さが話題になり、
実際、通学時間帯に黄色い帽子をかぶった児童が大挙して歩く光景は圧巻です。

今の日本にも、こんなに子供いるんだね。


生産年齢人口の比率が高いので、長久手市の財政状況は30年は安泰ということ。
自治体レベルの社会福祉も当面は不安ありません。

さて、

周辺地域に住んでいる我が家にも、なぜか有名不動産会社の営業マンが度々やってきます。
そのたびに、

うちは、金持ちでもないし、資産家でもないから、無駄だよ


と、追い返していたのですが、なかなか諦めません。

何度も来られると、冷やかしで、話だけを聞いてみる気になりました。

営業マンとその上司2人でやってきて、いわく、県道名古屋力石線沿いは、不動産の取引価格が高騰して、バブル状態なのだとか。
その有名不動産会社も、長久手地域を重視して、沿道に支店を建築中とのこと。

たしかに、近年の課税評価額の急上昇には頭が痛いです。
わずか数年で、2、3割は上がったような印象。
決して金持ちではない我が家には固定資産税の増税が重くのしかかります。

相続税対策だとかで、藤が丘駅周辺では、高級賃貸住宅の建築ラッシュがすさまじいです。
やたらと外観デザインに凝った物件ばかりになりました。
そりゃ、新築のうちは見栄えがする方が入居者を捕まえやすいでしょうけど、
初期投資に費用をかけ過ぎると、中古物件になった頃から経営が苦しくなりそう。
大丈夫かしらん?
日本全国では、人口減少で空家が増えているというのに、いくらなんでも供給過剰でしょう?
いまから10年経ったら、どうなることやら~?

もしかすると、相続対策をしたばかりに破産する資産家が続出したりして。
⇒ バブル崩壊後の再現ですね。歴史は繰り返すってことかな?

ちなみに、イケア長久手の混雑は予想よりも早くも収束しました。土日でも、本館の駐車場に入れることが
多いです。
リピート客があまり多くないのが一因かもしれません。
イケアの雑貨類には魅力を感じますが、家具類やファブリック類は、コストダウンし過ぎで、
品質が悪すぎます。とても買う気になりません。

家具とファブリックは、ニトリさんの方が幾分いいと思う。
地元で、わりとセンスがいいショップは東京インテリア。
大物家具は、やっぱり、大塚家具かな。

イケア長久手の店長さんは、愛知県人気質をわかっていないんじゃないでしょうか?
普段は、質素倹約だけど、財産価値のあるものには出費を惜しまないんだけどね。
20代から30代前半位までの若い夫婦がターゲットなのかな?

意外に盛況なのは、10年以上前からある、老舗のアピタ長久手店。改装されて魅力が増しました。
イオンモール長久手に比べると、レイアウトがシンプルで買い物しやすいのも、デイリーユースには
適しているのでしょう。

さて、次のお楽しみは、ジブリパークのオープンです。
プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード