マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

楽しかったホストファミリーの想い出…つづき

アメリカ人留学生Aちゃんとのホームステイ生活の想い出……続き。

久しぶりに当時の写真を眺めてみると、ホストファミリー生活で楽しかったこと、苦労したことを懐かしく思い出します。

ホームステイが始まって最初の週末、僕の実家に帰省して、犬のお散歩。
柴犬と電柱とアメリカ人
電柱の立っている昭和っぽい住宅街を柴犬と散歩するアメリカ人女性がおもしろいでしょう?

この留学生にとって、外国で生活すること自体が初めての経験。最初の1か月は見るものすべてが目新しくて面白い時期です。

留学生とホストファミリー間のコミュニケーションを図るため、
ホストマムとオムレツを作る留学生
一緒にキッチンに立って、料理をしたりスイーツを作ったりするのは、よくある手法。

留学生の友人2人を招待して、ホームパーティー。
うちの子も含め、3人とも、学業も人間的にもなかなか優秀な学生さんでした。
友達を招待してホームパーティー
この時のメニューも手巻きずしだったなぁ…。いつも手巻きずしって芸がないですね(苦笑)。

男の子の一人は、刺身がダメで、ネタは、卵とレタスばかりを食べていました。

アメリカ人に好まれない日本食の代表格は、おでん、刺身(寿司なら食べる人も多い)、そーめん、納豆。



他の2人は、納豆を食べられるかどうかで、賭けをしていました。

この学生さんたちが1年間の交換留学を終え、あとひと月で帰国するという3月に、大震災が発生しました。

中京地方には実際の被害がほとんどなかったこともあり、本人たちは、震災発生後も、日本に残って学業を続けるつもりでした…

「だいじょうぶ、だいじょうぶ」


と、留学生に不安を与えないよう繰り返し言っていた矢先…

今度は、福島第一原発で、派手に水素爆発。

自然災害だけなら問題にされなかったであろうに、原発事故への対応を巡る日本当局の無策ぶりが海外に大きく報道されてしまいました。それが契機となり、日本国内の安全性に疑念が持たれることに。学生本国の父母らが大学当局に働きかけたことで、ついに米国の大学から、「留学打ち切り、即刻帰国せよ!」という即時帰国命令。その電話が、日本の受け入れ大学の頭越しに、ホストファミリーの家庭に直接かかってきました。

あのときは、日本という国家全体が信用を失ったように感じて、悲しいやら、悔しいやら、複雑な気持ちになりました。

翌年も、交換留学制度そのものは継続されましたが、あえて日本を選ぶ学生がそうそういるはずもなく、激減。

聞くところによると、原発事故の報道で、日本社会の衰退イメージがアメリカ人学生の間に強く浸透してしまったとのこと。日本語学習を選択する学生のゆるやかな減少に一気に拍車がかかりました。

将来、社会で活躍したい、成功してやろう、という意欲のある若者にとって、日本は留学先としてもはや候補にも入らない国になってしまったようです。

日本のホストファミリー経験者として、本当に残念でなりません。


もっとも、マンガやアニメに代表される日本のポップカルチャーが好きな学生には、今でも日本は"あこがれ"の留学先だとか。

スポンサーサイト
【 2015/09/11 (Fri) 】 ホストファミリー | TB(0) | CM(0)

ホームステイのアメリカ娘が数年ぶりに我が家を再訪

1年近く、我が家に滞在していた、アメリカ人留学生のAちゃん。

帰国後も、しばらくは、メールで keep in touch していたのだけども、そのうち、自然と音信不通に…。

20代前半は、多感で多忙な時期。多くの出会いや経験があって、遠く離れたホストファミリーのことは忘れてしまう……それが普通なんでしょう。

我が家がホストファミリーを辞めて、数年。

ある日、突然、Aちゃんから、メールが届きました。

友達と日本旅行をするついでに、ホストファミリ―だった我が家を訪ねたいとのこと。

うれしいじゃないですか!! もちろん、大歓迎。

1日目は、Welcome Home パーティー。
ウェルカムバックパーティー
メニューは、ホスト・ダット(笑)お手製の手巻き寿司とパエリア。

最近、まじめに料理を作っていなかったので、手際が悪くて時間ギリギリまでかかりましたが、なんとか開始時刻に間に合いました。

ホスト・マムには、マリブのお土産。
マリブ土産をいただく女房
ホスト・ダットには、何もありませんでした(涙)。

Aちゃんは、今、ハリーポッターそっくりでハンサムな彼氏と、カリフォルニアの高級リゾート地マリブのアパートに住んでいるそう。
リゾートの風景
そのマリブでは普通のメゾネット式アパートは、棟ごとに専門ジム付きで敷地内に専用プールが2か所もあるといいます。
う~ん、やはり、米国の中流家庭は、日本とは生活レベルが全然違いますね。
日本で中流家庭(自称)の我が家なんて、あちらの基準では、ずっと下の方のレベル。

夫婦で休みをとって、Aちゃんと、プチ観光に出かけました。
恵那峡SAでホストマムとAちゃん

妻籠は、外国人の受けがいいです。
妻籠散策する2人

妻籠の蕎麦屋で、馬刺し(!)にチャレンジするAちゃん。
妻籠で馬刺し
日本人でも苦手な人が多いのに、このアメリカ人は、なんでも食べちゃいます。
それが、相手の文化(食文化)へのリスペクトということかな…。

5日間の滞在中、家族で楽しく過ごしました。
くつろぐ2人新聞と手芸
きっと、独り立ちした娘が久しぶりに帰省してくれるって、こんな感じなんでしょうね。

いつか、もう一度会えるといいなぁ


【 2015/08/12 (Wed) 】 ホストファミリー | TB(0) | CM(0)

あの子が帰ってくる … 家族になってくれたアメリカ人。

このブログのテーマのひとつ。ホストファミリーについては、
家庭の事情でほとんど書いていませんでした。
カップケーキを作る2人
※ホスト・マムに、カップケーキの作り方を教えてくれる Aちゃん。

ホストファミリーというのは、世間一般で想像されているよりも、実際に引き受ける立場になると、かなり大変なイベント。相当な覚悟が必要です。
外国人と一緒に生活するというのは、新しい発見があったり、知識が得られたりと、楽しいことも多いです。反面、期待感や責任感から、心配させられたり、がっかりしたり、腹が立ったり、と翻弄され、信じられないようなトラブルも起こります。
さつきとめいの家
文化の違い云々という以前に、他人同士がある日を起点に、家族として一緒に生活するのだから、不自然で不条理な状況。当然、当初は何かと衝突がおきます。折合いがつくまで2か月くらいかかるでしょう。

ホストファミリー"2"の法則

ホストファミリー側のストレスが最高潮に高まって問題が表面化するのが、ホームステイ開始の2週間後と、2か月後。
2か月経つとたいていの問題は出尽くす。そこを乗り切れば、その後は長期間うまくいく。



家で預かっていた交換留学の留学生が大学の学部生なのですが、大人なんだか子供なんだか、はっきりしない中途半端な年代。本人の都合で、大人の主張をしたり、子供の立場で甘えてきたり… そのあたりは、普通の日本人の学生と同じなんでしょう。


ホスト側はとにかく大変で、家族の誰かが、付きっきりで留学生の世話をできるくらいの時間的余裕が必要。専業主婦(専業主夫でもOK)がいる家庭でないと難しいですね。うちは、共働き夫婦の世帯なので、そもそも無理があります。

そんな事情で、ここ何年かは留学生を受け入れていませんでした。

ゴルフ練習場にて
※いっしょにラウンドしようと企んだものの、「ラクロスのスイングがくずれるから、もうゴルフはしたくない」と言われてしまいました。

ホストファミリー生活から遠ざかって年月が経ち…。

突然、数年ぶりに米国人の女の子から上手な日本語でメールが届きました。約1年間、我が家に滞在していたミネソタ州出身のAちゃん。

なんでも、友達が島根県で英語教師をしているので、会いに行く目的で日本旅行をする。その前に、ホストファミリーだったRちゃん一家に再会したい、というものでした。

この子は、本当に良いお嬢さんで、いろいろなものを私たち家族に与えてくれました。Aちゃんとの日常生活を通じて、アメリカ中流家庭が持つ真の豊かさを実感させられましたね…。1年近く、この子と家族でいられたことは生涯でも3本の指に入る幸せな経験。


■楽しかった日々の想い出

僕の誕生日に、ケーキを焼いてくれました。
誕生日のケーキ

このケーキ、見かけは豪華で美味しそうなんだけれど…
おそろしい食べ物
アメリカ人の作る食べ物はおそろしい(笑)。このケーキも、材料のほとんどが砂糖とバターという代物。
カロリーはたぶん、1万キロカロリーくらい(推定?)あるでしょう。

クリスマスが近づくと、留学生はホームシックになりがち。そんなAちゃんを励ますため、ホームパーティーを企画。
その時は、ホスト・ダットの僕が半日がんばって9人分の料理をつくりました~。
ホームパーティー
今思うと、よくあんなことができたなぁ。まぁ~楽しかったから。

※ちなみに、パーティーテーブルは、ダイニング・テーブルを3脚つなげて拡張しました。


【 2015/05/11 (Mon) 】 ホストファミリー | TB(0) | CM(0)

ホームステイのアメリカ娘が帰って来た。

2012年秋のセメスターで名古屋市内の某大学に留学し、我が家にホームステイをしていた留学生のSちゃんが、訪ねて来てくれました。

※SちゃんはワシントンDCの有名大学に通うアジア系アメリカ人の大学4年生。

なんでも、大学で奨学金をもらって再来日し、夏休みを利用して東京で語学研修をしているとのこと。
手巻きずしでおもてなし2013年6月
張り切ったホストファザー(爆)が手巻き寿司を用意して、おもてなし。

見知らぬ外国人とは言え、数カ月も一緒に過ごせば、家族同然になります。久しぶりの再会でも、会話が弾み、とても楽しい時間を過ごしました。

実子のいない自分たち夫婦にとって、ホームステイで預かった留学生は、実の娘や息子のようにかわいいもの。


なんと、おみやげまで、いただいてしまいました。

女房はコー○のバック。
コーチのバック・おみやげ
おいおい、学生さんから、こんな高価なものをもらったらいけないだろう(←猛烈な若干のひがみ…)。


Yankeesファンの自分には、MLBキャップと、貴重な背番号31のイチローTシャツ。
イチロー31・おみやげ
イチローもシアトルでこそ10年のキャリアがありますが、年齢からみてニューヨークではそれほど長くは活躍しない可能性がありますから。

残念な日本語学習人気の低下


Sちゃんによると、彼女が通うワシントンDCの有名大学からの留学生は、やっぱり大半がヨーロッパやオセアニアを目指すそう。
アジアでは、中国が一番人気、続いて石油利権がらみのアラビア語圏。その次くらいに日本だったのが、最近は3番目の地位も韓国に押され気味だとか。米国の大学生のアジア感を反映したものだと思います。

名古屋市内の某大学ホームステイ担当者によると、この10年くらいで、日本を選択する留学生は、どちらかというと、アニメや漫画といった日本のサブカルチャーが好きな、おとなしめの学生が多いとのこと。

あるいは、日本語学習者の減少に伴い、日本語教育機関が定員割れを起しているため、とりあえず、どの言語でもいいという学生が、日本語専攻に振り分けられているという裏事情もあるようです。
2010年~2011年に当家でホームステイをした留学生が、その一人でした。その子は、留学中に日本が大好きになって帰国しましたが…。

90年代、バブル景気の余韻が残る頃は、日本は留学先としてダントツで一番人気だったそうです。
当時、日本に来る留学生は、社会で成功してやろうという高い意欲をもった野心的な学生が多かったとか。

米国の大学生は、国力(≒経済力)の将来性をシビアな目でみているものです。

このように、日本の対外イメージ低下(=国力の低下≒経済力の低下)を如実に示す事例は、一人の日本人として、寂しく思います。

うーん、アベノミクス効果で、日本経済に往事の勢いが少しでも取り戻せると良いのですが。

親日家のアジア系アメリカ人


ちなみに、Sちゃんは、本人が4才の時に家族で移民したアジア系アメリカ人。びっくりするほど親日的で、日本の文化に造詣が深く、愛情をもってくれています。

正直に白状すると、ホストファミリーをやっても、やっている間は苦労が絶えない(苦笑)のですが、それ以上に、得られるものが多々あります。

こうして、家庭できる草の根の国際交流を楽しんでいます。

【 2013/06/29 (Sat) 】 ホストファミリー | TB(0) | CM(0)
プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード