マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

安曇野サイクリング~穂高神社から碌山美術館を経てラカスタ・ナチュラルヒーリングガーデン

今秋の夫婦サイクリングは、再び安曇野にやってきました。

今回は、観光重視で歩行が多いため、服装はスニーカーにストレッチジーンズ。もちろん、下にパッド付のインナーパンツを履いています。

SPD-SLペダルをフラットペダル化

まずは、穂高甚社で旅の安全を祈願。
穂高神社正面


穂高神社の駐車場は、参拝客は無料です。
穂高神社駐車許可証
長時間利用者のために、別途、有料オプションが用意されています。
500円払って、長時間駐車の許可証を発行してもらいました。

スタートするとすぐに、穂高駅。
穂高駅の駅舎

穂高駅から北へ向かっていくと、碌山美術館。
碌山美術館正面
碌山美術館は、こちらのレンガ造り建物が有名です。
碌山美術館展示館
穂高の市街地を抜けて、
安曇野の田園地帯を行きます。
安曇野の田園地帯を行く
目的地まで、ずっと上り基調が続くため、ちょっと厳しいルート。

幹線道路は、大型車の通行が多く危険なので、生活道路や農業道路を選んで走ります。

途中、住宅街を通り抜けましたが、現代的で立派な邸宅が多いのに驚きました。
あたかも高級住宅街のよう。
安曇野は、豊かな自然環境を生かした産業が盛んなことで知られています。実際、この辺りの住民の方々は所得が高そうです。


汗だくになった頃、ようやく目的地に到着。

自然派化粧品のラカスタが運営しているナチュラル・ヒーリング・ガーデンです。
ラカスタ・ナチュラルヒーリングガーデン
完全予約制となっているため、事前予約無しでは入園できません。

ナチュラルヒーリングガーデンのバイクラック
意外にも、バイクラックがありました。
北アルプス・サイクルステーションのペナント

入り口で一人1000円を払って入園。
ラカスタ・ナチュラルヒーリングガーデン入り口
テーマ別に作り分けられていて、それぞれに見ごたえのあるテーマガーデンが立体的に配置されています。
超本格派のイングリッシュガーデン
長野県のイングリッシュガーデンといえば、蓼科のバラクラが有名ですが、こちらのラカスタ・ナチュラルヒーリングガーデンも、一度は訪れてみる価値があります。
庭園としての完成度が極めて高く、ガーデナーの方の技術の高さがうかがえました。

ただし、細部に至るまで、かなり、しっかり手入れされているので、いわゆるナチュラル・ガーデンとはジャンルが違う印象です。

手入れが行き届いた、美しいイングリッシュガーデンを眺めながら…
パティオでいただくシャーベットとソーダ
ヘルシーなシャーベットとソーダをいただきました。

復路は、下り基調のため、ペダルを漕がなくても進んでいき、楽ちんでした。
スポンサーサイト

長久手かき氷の新名所ヴァイス・ベーレン

ビックリかき氷で、大人気のケーキショップ、ヴァイス・ベーレンに行ってきました。

表通り側に入り口がないので、初めての人には場所がわかりにくいです。
ヴァイス・ベーレン看板
「ござらっせ」の近くにあります。

駐車場は広め。
ヴァイス・ベーレン店舗
11時過ぎに到着したのですが、すでに3組待ちでした。
ジョギングで来たという雰囲気のご老人グループもいました。暑い中走ってきたのなら、かき氷が、さぞかし美味しいことでしょう。

巨大なかき氷にビックリ!!
巨大かき氷
左がミルク・メロン、右がプリンのかき氷

器いっぱいに盛ってあるため、こぼさないように食べるのが至難の業です。
満足感も「いっぱい」になりました。





アイスランド・マーケット 本郷

この春(ゴールデンウィーク直前)、本郷にオープンしたアイスランド・マーケットに行ってみました。
本郷といっても、駅からかなり離れているため、土地勘のある人じゃないと、たどり着くのが難しそうな立地です。

自宅からは、なんとか徒歩圏内でした。
アイスランドマーケット店内
店内は、今どきのカフェっぽい内装。

立体的なレイアウトがよく考えられて、落ち着いた雰囲気。
アイスランドマーケット・ソファ
アイスランドを紹介する本が置いてあって、無料で閲覧することができます。
単なる喫茶ではなく、アイスランドのアンテナショップ、観光案内、物産展示ショールームといった感じ。

アイスランド・ブランドの化粧品やスポーツウェアも販売しています。ただし、かなりお値段が高くて、びっくりしました。

このお店の看板メニューをいただきました。
アイスランドマーケット定番スイーツ
なかなか良いお味でした。

たぶん、アイスランドという、もの珍しい響きに惹かれて来店する客が大半でしょう。
アイスランドがどこにあるか、地図上で正確に示すことができる人って、日本ではほとんどいないでしょうし…

IKEA長久手のビストロまで夫婦でポタリング

久々の夫婦サイクリングです。

今回は、自宅から6km弱のIKEA長手ストアまで、ジーンズにスニーカーという普段着スタイルで出かけました。

IKEAまでサイクリング1
春のサイクリングは快適で気持ちいいです。
少し汗ばむくらい。

夫婦ともにペダルを漕ぐのが、1年ぶりくらいなので、わずかな上りでも息が切れます。
スニーカーで上りはキツイです。

なにしろ、近くなので、20分くらいで到着。
IKEA到着駐輪場へ

IKEA長久手には地元民のために(?)駐輪場が用意されています。
IKEA長久手の駐輪場
隣接の2輪車用駐車場ともども、ガラガラでした。一方で、一般車の店舗内駐車場は満車。まあ、自転車や2輪車だと、買った物の持ち帰りができませんからね…。

1Fビストロ付近。
IKEA長久手ビュッフェ混雑
連休中はイベントのせいか、最近にしては混雑しています。
客層は、開店当初に比べても、20代から30代くらいまでの若いファミリー層が圧倒的多数派で中心になっている印象です。商品構成からすれば納得の成り行きです。

ホットドックとシナモンロール  セルフで盛ったトッピングが下手すぎですね…
IKEAビストロの看板メニュー
ホットドックはお味はともかく、格安のお値打ち価格なので満足。
シナモンロールの方は、なかなか良い味でした。

往復40分ほどのポタリングでしたが、心配していた前立腺への影響を少し感じました。まだ排尿障害がおこるほどではありませんが。体重で会陰部を圧迫するのがよくないのでしょう。

サドルを変更しなくては!!

出雲路サイクリングロードで出雲大社参拝

久々の夫婦サイクリング。今年は山陰の島根県にやってきました。
2人とも島根県に来たことがなく、初めての訪問にワクワク。

宍道湖、雨上がりの日差しが射してきました。
宍道湖
宍道湖(しんじこ)から出雲路サイクリングロードを行きます。
この汽水湖は、かなり大きな湖なので一周すると50km以上。

出雲路サイクリングロードでは、その一部だけを通過します。
マップ出雲サイクリングロード

序盤は宍道湖畔をのんびり。景色が綺麗です。
路面が濡れたままの宍道湖サイクリングロード

斐伊川の堤防を北上。
宍道湖から斐伊川へ

この斐伊川部分が結構長いですが、すれ違うサイクリストも歩行者もほとんどおらず、快適。
斐伊川沿いに出雲路サイクリングロードをゆく

斐伊川を離れて、小川沿いに出雲の旧市街を自転車道で。
古い街並みをゆく
ところどころ、古い街並みが残っていて風情があります。

続いて田園地帯。
晴れ間が見えて、田園風景をゆく
このころには晴れてきました。木漏れ日が心地よい林の中を進みます。

前方の眺望が開けたと思ったら、日本海でした。
日本海に沿って出雲をゆく

出雲路自転車道のマップ
出雲路自転車道は、湖畔から川沿い、古い街並み、田園風景、林道、日本海と変化に富んでいて終始、目を楽しませてくれます。
観光ポタリングにはうってつけ。

出雲大社の参道に到着。
出雲大社参道大鳥居
自転車を停めて、徒歩で参拝。

出雲大社のアイコンといっても過言ではない、巨大しめ縄
出雲大社名物の巨大なしめ縄

出雲大社の本殿
出雲大社本殿
長年の念願だった出雲大社参拝を果たしました。

ランチは出雲そば、5段重ね。
出雲そばをおいしくいただく
出雲そば、独特の風味で美味しい!

さて、復路は、ご縁電車に乗って帰ります。
出雲大社前駅

この鉄道会社では、電車コンシェルジュのおばさん、失敬!お姉さんがいらっしゃって、親切にガイドしてくれます。
ご縁列車でサイクルトレイン

ご縁電車には、自転車持ち込み券を購入すれば、自転車を梱包しなくても、そのまま持ち込めます。
自転車持ち込み券を購入して
サイクルトレインは初めて。輪行バッグに梱包して重い荷物を持ち運ぶ手間が要らず、楽ちんです。

複数台の自転車は、重ね置きして、ゴムバンドで強制的に固定されてしまいます。
サイクルトレインでは自転車は重ね置き
高級バイクで、キズがついたら困るという人には、向きません。

車に戻って、松江城、小泉八雲記念館を見物し、当日は、玉造温泉に宿泊。
出雲は神話の国として知られています。そう言われると、神秘的な雰囲気のある地域に思えます。

夜は、たまたま宿で開催された、林家とんでん平さんの落語を堪能しました。
林家とんでん兵

落語を拝聴するのは、30年ぶりくらいかな?
真打ちの噺家なのに、林家とんでん平師匠は、サービス精神旺盛で、とても気さくな人。古典落語から、facebookネタの漫才(爆笑)まで披露してくださり、たっふり聴衆を楽しませてくださいました。

露天風呂に浸かり、部屋で懐石料理をいただいて、くつろいでから、就寝。


【 2016/10/03 (Mon) 】 夫婦で観光ポタリング | TB(0) | CM(0)
プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード