マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

自分の自転車史 ~ 昭和50年代

小学校の高学年にあがる頃になると、周囲に、派手なフラッシャー付きセミドロップハンドルの黒いスポーツ車に乗っている友だちが増えてくる。トップチューブ上で、ひときわ存在感を主張する変速シフトレバーがまぶしかった。
フラッシャー付きの少年スポーツ車

自分はまだ固定ギアの幼児車。はずかしいので、徒歩で行動していた。

テレビやラジオで、「♪つつんつ、つのだ~♪、つつんつ、つのだ~♪」と、CMがさかんに流れていて、子供の物欲を刺激する。

ことあるごとに親にねだって、ついに、ノーブランドのセミドロップハンドル黒スポーツ車を買ってもらった。

フラッシャー装備とディスクブレーキはなかった。「どうせすぐに乗らなくなるから」という親の意向があって、かなり予算が削られた結果だ。

それでも、うれしかった。学区の中を自在に走り回れるようになって、行動範囲が飛躍的に広がった。変速があれば、坂道も難なく越えられる。文字通り鉄の塊の黒スポーツ車の重量は、20kgはあっただろう。だが、羽を得たような気分だった。

※小学校では子供だけで学区外に出ることは禁じられていた。


中学にあがったばかりのころ、名古屋市北区の実家から、友達と2人で知多半島を一周したのが、本格サイクリングの手始め。

12歳の少年にとって、初めての日帰り旅行であり、大冒険だった。野間灯台や師崎に着いたときの感動と達成感は、今でも忘れられない少年時代の想い出。

中学から、自転車通学ということもあって、自転車と毎日つきあうようになった。

自然と自転車に興味がでてきて、本屋でサイクルスポーツ誌を立ち読みするようになる。当時から、サイスポ誌面は広告であふれていて記事は少なめ。その広告を眺めるのが楽しかった。

ニシキのような高級ロードレーサーは、さすがに、別世界の乗りものだった。
カンパのパーツを付けたイタリア製ロードレーサーは、スーパーカーのような存在に思えた。

※昔は、ロードバイクという呼称はなく、ロードレーサーと言っていた。


当時の世は自転車ブーム。ランドナーやスポルティーフが人気車種で、国産メーカーのブランド、エンペラー、ロードマン、ルマン、ユーラシアは、中学生にも手が届きそうなところにある気がして、心を惹かれた。

すっかり自転車少年になっていた自分は、荷物を山積みにして野宿をしながら走るキャンプ・ツーリングよりも、なるべく早いスピードで長距離を1日で走り切るファストランのスタイルに、魅力を感じていた。

親を口説いて、皿洗い、掃除、芝刈りといった、家庭内アルバイトに励む。
中学2年で、ミヤタのルマン・スポルティーフを買った。クロモリフレームで重量は12.8kg。自分で持ち上げられる軽さに驚いた。

ルマン・スポルティーフに似たコンセプトのユーラシア・スポルティーフ
ミヤタ・ルマン・スポルティーフのカタログ画像がどうしてもみつからないので、同時代のライバル製品ユーラシア・スポルティーフを掲載。雰囲気やスペックはよく似ている。


近所の自転車屋のおやじがスタンドをサービスでをつけてくれたのに、「カッコ悪いから」という理由ですぐに取り外してしまう。

初めてのドロップハンドルには、面喰った。身長の伸びを考慮して、フレームサイズもちょっと大きめを選んだこともあり、最初の印象は「なんて、乗りにくいんだろう」だった。

フロント2段、リア5段の10段変速には、どうやって使い分けるのだろうと途方に暮れたが、すぐに、その便利さがわかるようになった。クイックレリーズで簡単にホイールが外れる機構もおもしろかった。

ダイナモを使わず、ルマン・オプションパーツのバッテリーライトをフロント・キャリアにぶら下げるスタイルを気に入っていた。
バッテリーライト

※豆電球を単2電池2、3個で点灯する、文字通りの懐中電灯だった。


サイスポでよく目にして憧れていた、トゥークリップとストラップを取り付けた。初めのうちは、まったくストラップを締めずにユルユルにしていたが、それでも、度々、立ちゴケした。中学生ながら、自転車は左側通行というルールをきちんと守っていたが、車道側に転ぶこともあって危なかったと思う。


うろ覚えでは、愛車ルマンの標準ホイールのリムは、27インチのステンレスか、頑丈なアルミ製だったと思う。タイヤも太め。少しでも速く走れるように、ホイールを変えることにした。当時、国内に紹介されて間もない 700c規格のリムを試すことに。アラヤのアルミリム、シマノのハブ、ステンレススポークをカミハギサイクルで選んでもらった。

※現在のカミハギサイクルは、洗練されたスポーツバイク専門店になったようだが、当時は、親しみやすい庶民的なサイクルショップで中学生でも入りやすかった。逆に言うと、当時の自転車好き中高生が今のロードバイクブームを支えているのだろう。カミハギサイクルやカトーサイクルのような老舗は、数十年のときを経てリピート客をつかんでいる。


振れ取りは、自転車をひっくり返して、ブレーキシューとの間隔で見ればいいと教えてもらった。センターゲージは、カミハギサイクルの優しいお兄さんが、恥ずかしがりやの中学生に、中古を無料でゆずってくれた。1週間くらいかけて、初めて自分で組んだ。タイヤは、通学でパンクを避けたかったので、25Cを選択した。


700Cアルミリムに25Cの軽量タイヤを付けて初めて乗った時、そのこぎ出しの軽さに感動した。巡航速度も大幅に上がった。ただし、当時はスピードメーターを付けていなかったので、通学ルートにかかるタイムの短縮で巡航速度の向上を確認した。

ホイールを自分で組むなんて、こと自転車に限っては、ませた中学生だった。野球などの球技系スポーツがあまり得意ではなかった自分でも、自転車に乗っているときは、友達よりも速く走れる。コンプレックスから解放されて優越感に浸れた。ますます自転車が好きになっていった。

※つまり、ハンドアイコーディネーションが下手だった。水泳やスキー、ハードル走といったバランス系は平均よりも少し上くらい得意。中学1年の冬、校内マラソン大会で3位に入賞したりして、持久力にも自信があった。大学の学内スキー大会では新人戦で優勝した。


中学時代に自転車でよく一緒に走っていた友人は、競輪選手になることを夢みて、スポーツ系の高校に進学した豪脚だった。彼が、ほんとうに競輪選手を目指したのかどうかは知らない。


高校入学後のゴールデンウィーク、同級生5人で、ふただび、知多半島1週に挑んだ。グループで一緒に走るツーリングは、初めてのことで、とても楽しい経験だった。


そのうちに、ルマンの大きなロゴがカッコ悪いような気がしてきた。剥離剤で塗装をはがして、缶スプレーで再塗装。耐水ペーパーで水とぎして、ワックスをかけると、高校生にしてはきれいに仕上がった。
最初は、シルバーにしたが、すぐに飽きて、ブルーに塗り直し。自分では気に入っていたが、級友から「ゴミ袋みたいな色」と酷評されたこともあった。


軽さを求めて泥除けを外したこともあったが、さすがに、雨降りもある通学で泥除け無しでは走れたものではなかった。

受験準備に追われるようになって、愛車のルマンは、通学時間を極限にまで短縮するためのツールになった。毎朝、時間ぎりぎりまで布団を被っていたので、遅刻しないように必死でペダルを回す。それで、他の自転車よりも少し速かった。
それを「オレは自転車なら全校で最速だ」などと、青少年期特有の根拠のない全能感にひたって、うぬぼれていた。

※今思えば、ただ単に機材が有利だっただけのこと


中学・高校時代、つらい時期もあったが、愛車ルマンがいつも信頼できる相棒でいてくれたおかげで、乗り越えられたと思う。

東京の大学に進学したのち、徒歩中心の生活になったため、自転車とは疎遠となった。どこにでも電車で行ける、東京の交通機関の発達ぶりには驚いたものだ。学生時代は、とにかく歩いた。


それから30年ほど、自転車との縁が切れる。
スポンサーサイト
【 2013/04/27 (Sat) 】 自転車生活 | TB(0) | CM(2)

川めぐりポタリング―香流川―矢田川―庄内川―五条川―木曽川―長良川

春を通り越して初夏の陽気になった今週、川めぐりに出かけました。

藤が丘を北上して、香流川サイクリングロードを下ります。
桜並木は、青々とした新緑で覆われています。
香流川―鯉のぼり流し
途中、鯉のぼり流し鯉のぼり渡しというのでしょうか、鯉のぼりが川を渡っていました。
もうすぐ、ゴールデンウイーク。

香流川サイクリングロードのこの辺りは、沿道の桜の根っこで
アスファルトが盛り上っている箇所が多々あって、速度に気をつけないと、
リム打ちパンクをしそうです。

香流川(かなれがわ)は下流で矢田川に合流します。
矢田川 もみの木
写真の見事な大木が河川敷の芝生法面に一本だけあって目を引きます。
遠くには、北区のランドマーク(?)バブルの遺構(?)高層マンションのザ・シーン城北が見えます。

三階橋から県道で北上開始。
庄内川の水分橋を渡ります。地蔵川も通過。

航空自衛隊小牧基地を越えたところで、左折。
県営空港の北側公園で空港を眺めながら休息します。
藤棚―空港北公園
ここに、立派な藤棚がありました。

今日は、藤の花が見頃のようで、普段はまったく気がつかない藤棚に目が奪われます。
この後、きれいに咲き誇った、見事な藤棚を何度も見かけました。

岩倉の五条川に到着。川沿いに少し遡上します。
五条川―葉桜
ここも桜の名所ですが、今は新緑がまぶしいくらい。

南派川にかかるところで写真を撮ろうとしたところ、カメラのバッテリー切れ。
この後、撮影できず。...Orz

木曽川を越えて、岐阜市内へ。
金崋山の麓のファミレスに入って遅めのてランチ。

長良川を長良橋で越えたあたりまで行って帰還しました。
【 2013/04/20 (Sat) 】 自転車生活 | TB(0) | CM(0)

長久手図書館ポタリング

近所にある長久手図書館へ女房と一緒に出かけました。

片道わずか2.5kmの距離ですが、この界隈には平坦な土地がなく、アップダウンばかり。
なかなか立派な運動になります。
長久手図書館

愛知万博開催以前の長久手町時代に竣工した建物。
図書館内部
人口が大幅に増えて市制に移行した現在では、さすがに古さや狭さを感じます。


女房は小説を、自分はジテンシャ本を借りました。
図書館に自転車で通って本を借りれば、コストがゼロ円(笑)。
自転車本
ちなみに長久手市外の住民でも利用可。

図書館裏手にある民家風のカフェに立ち寄ります。
正面からは普通のお宅のようにしか見えないので少々入りにくい感じ。
長久手図書館裏手のカフェ

ドアを開けると意外にも店内は広くて、ギャラリーも併設されています。
図書館裏手カフェのオープンテラス

広いオープンテラスの席でゆず茶とチーズケーキをいただきました。
カフェのオープンテラス

帰りはスーパーの平和堂に立ち寄って、夕食のお買いもの。

(女房は買う人、自分は運ぶ人w)

ミニベロの買い物用フロントバックがずっしりと重くなって、
帰り道の坂道がちょっと大変でした。


やっぱり、登りでは荷物の重量は影響が大きいなぁ。
【 2013/04/14 (Sun) 】 夫婦で観光ポタリング | TB(0) | CM(0)

AR中部ブルベ300km BRM406 鯖街道が10月19日に延期

9月22日追記

10月19日に開催されるBRM406のスタート・ゴール場所が変更されました。
  『すいとぴあ江南 駐車場』
これにともない、ルートの一部が変更になるそうです。



昨日の暴風雨により、BRM406 が延期されました。

となると、こんな感じで

9月の静岡200km BRM907
10月の中部300km BRM1019?


今年の秋、まだまだブルベに挑戦できます。

BRM406 鯖街道のコースをルートラボで引いてみました。
StartからPC3まで

PC3からGoaLまで

トンネル回避や旧道への迂回ルートが、たくさん組まれていて
ルートトレースも一筋縄ではいかず、ちょっと苦労しましたよ(苦笑)。

複雑すぎて、キューシードだけで正確に走るのは自分にはたぶん無理…。Orz

その分よく練られていて、味わい深いコースですね。走るのが楽しみです。

おいおい、走れるのか???? ⇒ 自分
【 2013/04/07 (Sun) 】 自転車生活 ブルベ | TB(0) | CM(0)

定光寺、多治見、花見ポタリング

週末が大荒れの天気になる予報のため、今週で桜も見納めとなるでしょう。

木曜の午後2時過ぎ、時間を創って庄内側沿いに定光寺から多治見までポタリングに出かけました。
定光寺土岐川

家を出ようとしたところで、トヨタ愛知の営業マンU君が…。
彼は、藤が丘あたりを営業テリトリーにしているらしく、
平日の昼間にときどきあらわれます。

うちは、当分車買い替える予定ないんだけどね。
車じゃなくて、新しい自転車なら今すぐ欲しんだけど(笑)。


本心を言ってしまうのも大人げないので、いつも適当にお相手しています。
飛び込み営業だと、ケンモホロロに門前払いされることが多いでしょうから、
優しく対・応・だ・けしてあげます。

傷ついた心をうちで癒してね(爆)。


U君は、ロードバイクに興味シンシン。

アラフィフの親父がピチピチ・ジャージに身を包んで、意気揚々と出ていく姿に
新鮮な驚きを感じているようです。

よかったら、君も自転車はじめてみない?


藤が丘駅前の桜のトンネルをくぐって出発です。
桜のトンネル


途中、小幡緑地や庄内側沿いでは桜の木も多く、ところどころ、散る間際の桜を堪能できました。
思い切って出てきて良かった。

定光寺駅

定光寺からは、愛技道路。登り基調だけど、舗装が良くて走りやすいです。
古弧渓古虎渓を経て、難なく多治見市内に到着。

土岐川の堤防道路から眺める多治見市街
多治見・土岐川堤防
※ここが日本を代表する暑い街ですね。

時間に余裕があれば、喫茶店にでも入って一服したかったのですが、日没の時間が迫っていたので、
すぐに帰路に。

帰りの愛技道路は、下り基調。下ハン握って快調に飛ばします。
とても走りやすいので、スピードも上がります。
豪脚になったような気分(もちろん勘違いw)を味わいつつ、
あっというまに、定光寺。

対岸に渡って、庄内川沿いをのんびり走ります。

小幡緑地周辺のプチヒルクライムにかかる頃には足が売り切れ状態(夕食前だからハンガーノック?)
で、ヘロヘロでした。

なんとか、日没前に帰宅。

たのしいポタリングでした。

すっかり日が長くなりましたね。

他のルート(森林公園-東谷山)も検討しましたが、藤が丘あたりからでは、庄内川に出るまでの区間で登りが避けられないようです。



ところで、

今日は、AR中部主催のブルベ300km BRM406鯖街道ですけど、
暴風雨の予報も出ているし、予定通り開催されるんでしょうかね。
ブルベって台風でも走るそうですし…。

参加される皆さまのご無事をお祈りしております。
【 2013/04/06 (Sat) 】 自転車生活 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード