マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

ちょっとそこまでのつもりが、矢作川11号まで行ってしまった…

シューズとペダルを新調したので、ちょっと走ってみたくなって出かけました。

当日は、心地よい南東北西の風。そっちの方向に走り出すと調子がよくてどんどん遠くへ行ってしまいます。

三峯峠を越えたところまでは、良かったのですが、気が付くと58号に迷い込んでいました。
交通量が多くて道幅の狭い58号は走りにくいルート。
でも、今日は追い風基調でペダルが軽く、速度が快調に上がります。

気持ちよく走り続けて、気が付けば…
平戸橋西
平戸橋まで来ていました。

久々の矢作川。
平戸橋から矢作川
矢作川を遡上するように11号を北上します。
自宅から自走で来て11号を走るのは初めての経験。

さすがは、ローディーさんの練習メッカの11号線。短時間のうちに大勢とすれ違いました。
みなさんと、さわやかに挨拶を交わします。

途中で、コンビニを見落としてしまって、水切れの危機。
なかなか自販機も見つかりません。
川澄屋に入らず
そのまま走り続けて、脱水状態になる寸前に川澄屋に到着。

でも、いつものことだけど、おひとり様で飲食店に入る勇気がなくて(苦笑)、
店前の自販機で水を買ってしのぎました。

このまま笹戸温泉や小渡まで行ってしまっては行き過ぎ。
33号の分岐で左折して、西進します。
11号から33号への分岐点
小さな丘をいくつか越えて…。

ようやく見つけた藤岡のコンビニにピットイン。
ガリガリ君リッチ練乳
ガリガリ君リッチ(笑)をいただきました。

戸越峠をヘロヘロになって上がります。
戸越峠のススキ
そろそろ彼岸花はお終い。もう、すすきの季節ですね。


スポンサーサイト
【 2014/09/30 (Tue) 】 自転車生活 | TB(0) | CM(0)

DIYで熱成形する~シマノ・カスタムフィット・インソール

シマノのカスタムフィット・インソールを、家庭用の電気オーブンを使って熱成形してみました。

カスタムフィットインソール

オーブンを予熱して設定温度に上げます。

何の料理でも(笑)そうだけど、予熱を忘れずに。



あらかじめ、クッキングシートを敷いておくのも忘れずに。
オーブンの温度は100℃

予熱が終わったら、手早く片方のインソールを置いて、加熱開始。
クッキングシートを敷いてインソール
マニュアル通り、1分間加熱します。

加熱処理が終了するまでに、シューズ本体を用意して、サイクリング用ソックスを着用し、やけど防止のため手袋をはめておきます。
※シューズのクリートは外した状態で。

チーン!

手早く、インソールを取りだして、シューズに挿入し、シューズを履いて、ストラップとバックルを締めます。
やや母指球よりになるよう、足裏全体に体重をかけます。
母指球よりに体重をかけて
ソックスを履いているので熱さ感じるほどでもなく、ちょっと暖かいくらいの履き心地(爆)。

5分間その姿勢を保つのがちょっと、つらい…(笑)。

成形終了後のインソールを取り出してみると
成形後のインソールつま先
つま先側に、指の跡がくっきりついています。

踵側は…
成形後のインソール踵
カップのくぼみが深くなりました。

実際の履き心地は抜群に良くなりました。
文字通り、自分の足にピッタリフィットしています。

シマノのカスタムフィット・インソールは柔らかめでロングライド向きとのこと。

さて、DIYでやった熱成形 の感想

手軽にできるし、万一失敗しても、カスタムフィット・インソール自体はそれほど高価なものでもありません。
そもそも、失敗するような要素はあまりないと思います。

普通のシューズのインソールだけをカスタムフィットに変更するだけでも良好な結果になりそう。



※付属のアーチパット等は、熱成形の終了後、必要に応じて使用するとなっています。
付属のアーチパット
僕は偏平足なので不要でした。



カスタムフィット・シューズの熱成形に続く
【 2014/09/27 (Sat) 】 自転車生活 機材・整備 | TB(0) | CM(0)

安曇野ポタリング 大王わさび農場~岩崎ちひろ美術館へ

ほぼ1年ぶりに自転車生活に復帰した我が女房。
暑いのは嫌だというので、わざわざ長野県の高原まで出かけました。

大王わさび農場は、観光農場として有名な、安曇野の人気スポット。
大王わさび農場の水車小屋
黒澤明監督『夢』のロケーションにも使用された美しい風景が広がっています。

駐車場の一番端っこに車を置かせてもらって、スタート。
大王わさび農場駐車場
今回のポタリング・ルート


清流の岸部を遡上していきます。
清流沿いに点在するわさび田
水がきれいな、この辺りには、わさび田がいたるところに点在しています。

しばらく行くと、やまびこ自転車道の起点に行き当たりました。
安曇野やまびこ自転車道の起点
今日は、自転車道へは行かず、橋を渡って国道に沿って北上します。

交通量の多い国道をさけて、街道や農道をハシゴ。
安曇野スケッチロードを行く
この道はスケッチロード。

遠くに白馬方面の山々が見えます。
安曇野の農道
農道は、舗装もよくて気持ちよく走れます。

ランチを食べるため、信濃松川駅付近でフレンチの店に。
メゾンドソラマメ外観
地元の高原野菜はとてもおいしい♪
安曇野の野菜はおいしい
フレンチなのに、秋刀魚と茄子のペペロンチーノって?
いわしと茄子のペペロンチーノ
安曇野ポークのトマトソース…
安曇野ポークのトマトソース
安曇野のご当地野菜は、しゃきしゃきとした新鮮な食感が楽しめて本当においしい。
それで満足しました。

昼食後は、岩崎ちひろが散策したという川沿いの道を通って…
ちひろが散策したという川べりの道
今日の目的地、岩崎ちひろ美術館・安曇野へ
ちひろ美術館安曇野
ほとんどの日本人は、ちひろの名前を知らなくても、その作品を見た記憶があるはず…
それくらい著名な児童画家だそう。

美術館の建物周囲は、広大な公園が整備されています。
ちひろ美術館公園
よほど居心地がよいのか、公園でくつろいでいる人が大勢いました。

帰路で、女房がすっかりへばってしまいました。
頑張って大王わさび農場まで戻ったご褒美。
わさびソフトクリーム
わさびソフトクリーム(笑)
ほんのりわさびが効いていて、中々の美味。
わさびのおやき
おまけで、わさびのおやき(爆)もいただきました。

土産に買ったのは、わさび昆布(苦笑)


【 2014/09/20 (Sat) 】 夫婦で観光ポタリング | TB(0) | CM(0)

さようなら名鉄フェリー・三河湾一周ライド

知多半島の師崎と伊良湖を結ぶフェリー航路が廃止になるというので、
やっておきたかった三河湾一周ライドに出かけました。


8月は雨季だったため、月間走行距離がゼロ。
9月もわずか30kmしか走っていません。

しかも、2日前まで、原因不明の高熱38.2℃でうなされていました。熱が下がったとはいえ、体力は全然ありません。

自分でライドの企画をたてたのだから、DNSするわけにもいかない…。

というわけで、
相も変わらず(爆)、気楽な観光ポタのはずが、終盤ヘロヘロになって、
頼むから前を牽いてちょうだい!ライドに(涙)。

朝、8時前に碧南市臨海公園に集合。
碧南市臨海公園駐車場
サイクリストが大勢集まっています。いくつかのグループがここを起点にして出発するよう。

kanzさん、まさかと思っていたけれど、クルマじゃなくて自走でやってきました(唖然)。
もしかして、春日井から??(呆然)

最初に、衣浦の海底トンネルをくぐって知多半島にわたります。
衣浦トンネル入り口
階段で地下11階までおります。
衣浦トンネル階段で
トンネル内はラジオ放送。
衣浦トンネル自歩道
地上まで階段を11階上がって、本日最初のヒルクライム(笑)。

知多半島に上陸しました。今日はさわやかな秋晴れの好天。
知多半島に上陸
師崎に向かう途中、他のサイクリストグループと一緒になりました。
同じくらいのペースなので、そのまま連結して、8両編成に(笑)。

「こりゃ、楽ちん」と、サボっていたら、師崎を目前にしてチェーン落ち。
列車から脱落したので、あとは自力で走行。

師崎のフェリー乗り場には大勢のサイクリストが集結しています。
乗船を待つサイクリストたち
廃止前に乗っておきたいと思う人が少なくないんでしょう。

乗船しました。師崎を出航して伊良湖へ
師崎を出航し伊良湖へ
フェリーから眺める三河湾の島。
フェリーから眺める三河湾の島
伊良湖につきました。岬の灯台方面まで登って「灯台茶屋」で昼食。
大あさり
海鮮定食
メニューの写真ほどのボリュームはない気がしたけれど、おいしくいただきました。
ちなみに満席のため、1時間くらい待たされましたよ(苦笑)。


伊良湖岬から眺める、港の風景
伊良湖の港と道の駅

渥美半島の三河湾(渥美湾)側を快走。
伊良湖の風力発電
このあたりは、景色がとてもきれいです。

三河湾の海岸沿いにこだわっていたので、こんな荒れた堤防道路も。シクロクロスか?
こんな堤防道路をゆく
海沿いといっても平たんではなく、アップダウンが連続するルートを行きます。

白谷海浜公園で休息。南国風の美しいビーチです。
南国風の臨海公園
田原に入りました。時間が無いので、渥美半島のヒルクライム・スポット蔵王山はパス(笑)。

三河港大橋の歩道を渡ります。
三河港大橋の歩道
豊橋に入ると、23号パイパスに沿って進みますが、自転車通行禁止のため、側道と歩道を乗り継いで行きます。
このあたりからは、西に向かいます。日差しと向かい風にやられて、ヘロヘロになってきました。
豊川橋の歩道
豊川橋の歩道を渡れば、我慢の区間が終了。

ラグーナ蒲郡
ラグーナ蒲郡
蒲郡競艇場を経て

竹島へ。三河湾の観光名所をハシゴ。
蒲郡の竹島
西浦温泉に向かって半島を回ります。
西浦の橋
西浦温泉の渚ビーチからは、まさかのプチ劇坂ヒルクライムで心が折れました(爆)。
西浦の渚ビーチ
ここからは日没。

夜間走行は、ほとんどブルべの雰囲気に(笑)。
終盤、ずっと前を牽いてもらったおかげで、なんとかスタート地点の碧南市臨海公園にゴール。

念願の三河湾(三河湾+知多湾+渥美湾)一周を達成しました。

平均心拍 128
最高心拍 148


↑当日の体調を反映してますね。病み上がりにしては上出来かなぁ…


【 2014/09/15 (Mon) 】 自転車生活 | TB(0) | CM(2)

フェリー航路廃止前に三河湾一周やっておこう

9月いっぱいで惜しまれつつも廃止されてしまう師崎⇔伊良湖のフェリー航路。

地元愛知県民の自転車乗りにとって、定番コースの三河湾一周ライドをするチャンスも9月までということ。

ならば、行きましょう!

さようなら名鉄フェリー・三河湾一周ライド」に…。

・碧南市臨海公園に集合して8時前に出発

・地下11階(?)の衣浦海底トンネルを通過 → 知多半島へ

・10時前に師崎到着予定

フェリー料金1,980円 (自転車持ち込み費含む)大人1人


・10時25分出航 伊良湖まで40分

・三河湾の海岸沿いを行きます。
(伊良湖→田原→豊橋→豊川→蒲郡→吉良→碧南)

※23号バイパス大崎IC~豊川橋の区間は、側道と歩道を乗り継いで行きます。
※終盤は夜間走行になる可能性あり。

9月13日(土)あたりでどうですか?   ※雨天・強風の場合は即延期


なるべく海岸沿いをしっかり走るルートにしました。
走行距離・約150km フェリー航路・約10km

「遅~い・おっさんと一緒に走ってもいいよ!」という奇特な方(笑)のご参加を歓迎しております。




【 2014/09/06 (Sat) 】 自転車生活 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード