マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

女房の新車が旦那より先に納車

旦那が自転車の購入であれこれ悩んでいるうちに、

女房の新車が一足先に納車されました。新型シエンタ・ハイブリッド

なぜか、モデリスタのエアロパーツ(呆)…アルミホイールもセット(燃費重視で15インチ)。

5ナンバー大衆車、7人乗りミニバン、電動スライドドア、ハイブリッド、自動ブレーキ

という要素をすべて加味して、新型シエンタに決めたよう。どちらかと言えば、小さい子供を抱えたママ向けのお買い物車、またはファミリー向けコンパクト・レジャー車という位置づけかな。それでも、フル装備にすると、けっこうなお値段になってしまってビックリしました。

もうひとつ、大きな魅力を感じたのは、このカタログ写真。
シエンタ自転車2台積み
マウンテンバイク2台を前・後輪はずさずにそのまま積める荷室スペース。
ロードバイクも同じように前輪付けたまま2台積めるかしらん?

ただし、フラットスペースが最長で143cmしかないので、車中泊はそのままでは無理。強引にDIYで車中泊できるようにしているユーザーもいるようですけど、そのために荷物が大幅に増えてしまうよう。

※実際に、カタログ写真のような荷室スペースを作るためにセカンドシートを折りたたむと、運転席と助手席のシートをあまり後ろに下げられません。身長170cm以上のドライバーが運転する場合は、窮屈な姿勢になります。その姿勢で長距離は厳しいかも。


さて、走りの方は…

平たん路はけっこういけます。市街地の低速走行で燃費が良いところは、さすがハイブリッド。
高速も90キロ台をキープするドライバーには十分。
だけど、峠は苦手でした。

雨沢峠⇒戸越峠ルートをシエンタで走ってみましたが、雨沢の上りで、モーターアシストがなくなると途端に非力。エンジンをブン回してやっと登っていく感じ。気が付くと、後ろに数台連なっていたため、路肩に停車して先に行ってもらいました。

重い車体に、1500ccの非力なエンジンなのだから仕方ないか。…うん。
もっとも、雨沢峠こそ厳しくてヘロヘロだったものの、戸越峠くらいならストレスなく普通に越えられました。
そもそも、走行性能を求める車じゃないのだから…


⇒ これって、メタボで心臓障害の旦那が自転車で峠を越えるときと同じじゃないですか!

ああ、旦那だって新車欲しいなぁ~。自転車でいいよん♪


スポンサーサイト
【 2016/07/28 (Thu) 】 家庭生活 | TB(0) | CM(0)

バイクフィッティング~FX次期主力自転車選定計画

今乗っている激安カーボンバイクも4年めに入り、そろそろ退役の時期が近づいてきました。コスパ抜群でキズがつこうが汚れようが全く気にならない「相棒」は、ラフに扱う輪行や超ロングライドで大活躍。放っておいても盗られるような気がしなくて、コンビニやトイレに気軽に入れるのも良かった。超円高のときに格安価格で入手したとはいえ、世界最大の自転車メーカーの製品であり、品質に不安を覚えるようなことはありません。

ところが…

上にのっかる人がフレーム性能云々を語れるレベルじゃないことはさておき、どうも、そのブランドでは、所有欲を満たしてくれる魅力に乏しくて…。実はこれ、趣味で楽しむ嗜好品としては致命的な欠点です。自転車好き男子なら、グラスを傾けながら自分の自転車を眺めてうっとりする時間を堪能したいでしょう?


■ FX次期主力自転車選定計画

というわけで、新車購入の検討をしていますが、今度はブランドにもこだわりたい。どうせ買うなら、費用対性能比に拘らず、割高であっても、少年時代に憧れた欧州ブランドがいい。

さて、自分のサイズについて、感覚的にこんなものだろうという、漠然とした知識しか持っていないため、ショップでシマノ・バイクフィッティングをしてもらいました。

今回は、新車の購入サイズ決定が目的なので、静的なジオメトリ―の測定だけです。

bikefitting_com全景
シマノ・バイクフィッティング・マシンの全景

まず、身長、股下長さ、両手長さ、肩幅を専用の測定器で測ります。このとき、股下長さは、専用のバーを股間に強く押し当てて目いっぱいの高さを出すよう指示されます。

男はともかく、女性の場合、人前でそんなことできっこないでしょうから、躊躇するんじゃないかなぁ(笑)



専用PCに体各部の測定データを入力すると、モニター画面に具体的な推奨ジオメトリが表示され、そのデータに合わせて、店員さんがマシンのサドル高さやハンドル位置を調整。実際に、サドルに跨りブラケットを握って具合をみます。

シマノバイクフィッティングのモニター画面

ブレーキレバーは付いているけれど、実際にブレーキが効くわけではないのでレバーを握ってもペダルが回ってしまいます。ちょっと戸惑いました。

バイクフィッティングでペダリング
結果は、自然で全く違和感のないポジションになっていました。このまま100km以上余裕で走れそう。

ぽくの場合、身長に対して、股下長さは普通なのだけれど、手が非常に長く、平均よりも3cmくらい余計にあります。
メタボで、胴長、手が長いって、つまり、オラウータン体型ってこと?

そのため、身長で選ぶよりも若干大きめのジオメトリが良いそう。年齢的に体が硬いので前傾が強いのは厳しいという事情も。

自分では、515サイズを考えてきたけれど、バイクフィッティングの結果、推奨サイズは 530 でした。
※ピナレロのサイズ規格

そうは言われても、全く想定していない大きさのサイズに戸惑うばかり。

同じジオメトリの実車で試乗してくださいと言われて、出てきたのが、このバイク。
DOGMA-F8-GOKISO.jpg
ピナレロ DOGMA F8 + GOKISOホイールセット

えっ、こんなの見せられたら、欲しくなっちゃうじゃないですか!!

なんだか、店員さんの術中に嵌っている気もしますが、DOGMAに試乗できる機会は滅多にないので、二つ返事で試乗決定。

ゴム底の革靴でほんの300mほど乗っただけでしたが、その乗り心地の良さに感動。空飛ぶじゅうたんに乗って、スーと前に進んでいくような不思議な感覚。DOGMAと言えば、ツールで活躍するバリバリのレーシングバイクのはずですが、のんびりサイクリングでも快適に楽しめそうな懐の深さを感じました。

自分が普段乗っている、激安カーボンフレームとのあまりの違いに衝撃を受けました。

しばらく、夜ごと、夢に出てきそうな予感。

Zoo~ Zoo~ DOGMA DOGMA ( ̄^ ̄)ゞ DOGMA…



【 2016/07/06 (Wed) 】 自転車生活 PINARELLO GAN S 2017 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード