マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

安曇野サイクリング~穂高神社から碌山美術館を経てラカスタ・ナチュラルヒーリングガーデン

今秋の夫婦サイクリングは、再び安曇野にやってきました。

今回は、観光重視で歩行が多いため、服装はスニーカーにストレッチジーンズ。もちろん、下にパッド付のインナーパンツを履いています。

SPD-SLペダルをフラットペダル化

まずは、穂高甚社で旅の安全を祈願。
穂高神社正面


穂高神社の駐車場は、参拝客は無料です。
穂高神社駐車許可証
長時間利用者のために、別途、有料オプションが用意されています。
500円払って、長時間駐車の許可証を発行してもらいました。

スタートするとすぐに、穂高駅。
穂高駅の駅舎

穂高駅から北へ向かっていくと、碌山美術館。
碌山美術館正面
碌山美術館は、こちらのレンガ造り建物が有名です。
碌山美術館展示館
穂高の市街地を抜けて、
安曇野の田園地帯を行きます。
安曇野の田園地帯を行く
目的地まで、ずっと上り基調が続くため、ちょっと厳しいルート。

幹線道路は、大型車の通行が多く危険なので、生活道路や農業道路を選んで走ります。

途中、住宅街を通り抜けましたが、現代的で立派な邸宅が多いのに驚きました。
あたかも高級住宅街のよう。
安曇野は、豊かな自然環境を生かした産業が盛んなことで知られています。実際、この辺りの住民の方々は所得が高そうです。


汗だくになった頃、ようやく目的地に到着。

自然派化粧品のラカスタが運営しているナチュラル・ヒーリング・ガーデンです。
ラカスタ・ナチュラルヒーリングガーデン
完全予約制となっているため、事前予約無しでは入園できません。

ナチュラルヒーリングガーデンのバイクラック
意外にも、バイクラックがありました。
北アルプス・サイクルステーションのペナント

入り口で一人1000円を払って入園。
ラカスタ・ナチュラルヒーリングガーデン入り口
テーマ別に作り分けられていて、それぞれに見ごたえのあるテーマガーデンが立体的に配置されています。
超本格派のイングリッシュガーデン
長野県のイングリッシュガーデンといえば、蓼科のバラクラが有名ですが、こちらのラカスタ・ナチュラルヒーリングガーデンも、一度は訪れてみる価値があります。
庭園としての完成度が極めて高く、ガーデナーの方の技術の高さがうかがえました。

ただし、細部に至るまで、かなり、しっかり手入れされているので、いわゆるナチュラル・ガーデンとはジャンルが違う印象です。

手入れが行き届いた、美しいイングリッシュガーデンを眺めながら…
パティオでいただくシャーベットとソーダ
ヘルシーなシャーベットとソーダをいただきました。

復路は、下り基調のため、ペダルを漕がなくても進んでいき、楽ちんでした。
スポンサーサイト
プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード