マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

ノバルティス元社員を逮捕=高血圧薬データ不正操作事件

高血圧治療薬ディオバンの論文不正操作事件の続報


【時事通信 6月11日(水)11時16分配信】

ノバルティス元社員を逮捕=高血圧薬データ不正容疑―東京地検

 製薬大手ノバルティスファーマの高血圧治療薬ディオバン(一般名バルサルタン)の臨床研究データ操作問題で、東京地検特捜部は11日、薬事法違反(誇大広告)容疑で、同社元社員の白橋伸雄容疑者(63)を逮捕した。 


ほう。

「どうせ、有耶無耶にされてお終いだろう」と、悲観していたけれど、検察が動いてくれたんですね。
高血圧患者として、少しは、溜飲が下がる思いです。

でも、ノ社元社員が一人で罪をかぶって手打になるのかしらん?
これだけ大規模な不正・ねつ造、その報酬としての多額の寄付金をたった一人の社員に決済できるはずがないのだから、ノ社の組織的犯行でしょう?

不正に関与した医師(=研究者)への責任追及はないの?
積極的に主導はしてなくても、ねつ造データに気が付かないはずがないのだから、それこそ「未必の故意」で有罪でしょう?

医師というのは社会的に優遇されていて責任のある地位なのだから、
なお更、けじめをつけて欲しい。

※関連記事
ディオバン論文不正操作事件について、医療者に訊いてみる
高血圧治療薬ディオバンの論文不正操作事件
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード