マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

ブルベ装備の振りかえり ブレーキライト

自転車にもブレーキランプがあったらいいのに。

長いことそう思ってきました。

トレイン走行で後続車がいて、とっさに減速や停止する時、
ハンドサインでは間に合いません。
サインのために、ハンドルから片手を離すのもちょっと危険です。

ありそうで、なかったんですよね。自転車のブレーキランプって。

DIYで作ってしまう人もいるけど、自分には電気工作のスキルはない。

そんな私の願いをかなえる商品がついに発売されました。

UNICO(ユニコ) S-SUN ブレーキライト

ブレーキライト


取り付け方法の説明はわかりにくいけど、しくみが単純なので、まようことはありません。

本体とは別のスイッチ部分を後部キャリパーブレーキに取り付けます。
ブレーキワイヤーを引っ張ると、スイッチが入る仕掛け。

昼間は、消灯しておいて、ブレーキレバーを引いたときに点灯。

夜間は、点滅にしておいて、ブレーキレバーを引いたときにだけ点灯。

こんな使い方ができます。


実際、取り付けて走ってみたけれども、少なくと昼間については、気がついて声をかけてくれる人に出会ったことがありません。
気が付いていても他人の自転車の装備をわざわざ褒めてくれる人がそんなにいるはずないのだけれど。
ブルベで集団走行のときも、誰も言ってくれなかったなぁ。ちょっとがっかり。

仕方がないので、我が女房と晴れの日に一緒に走った時、聞いてみました。

「そうなの~」
「全然、気がつかなかったわよ」


チーン。

明るさの感じ方は人それぞれで、主観によるところが大きいのでしょうけど、自分としては晴天時のブレーキライト点灯時の輝度が少し足りないような印象。夜間はともかく、晴天の昼間はよほど明るくないと、ブレーキランプとしての役に立ちません。
     ※曇りの日は、昼間でもブレーキランプの点灯がよくわかります。

というわけで、このあたりが改善された改良品とか後継商品の発売を期待します。

それでも、普通のテールライトとしては悪くはありません。

【点滅1】→【点滅2】→【点滅3】→【常時点灯】→【消灯】のモード切り替えも、標準的で使い勝手は良好。

ブルベじゃないときは、夜間、点滅モードにしておけば、ブレーキランプとして充分に役立つ。

流線型で空力も良さそう(笑)。


普通のテールライトにブレーキランプ機能がおまけで付いていると割り切れば、お値打ち価格で、なかなか良い製品です。

UNICO(ユニコ) S-SUN ブレーキライト
もっとも、たいていのブルベ主催クラブでは、夜間のテールライトを点滅使用することが禁じられています。

したがいまして、ブルベ本番では、別に常時点灯のテールライトをサドルバッグにつけていました。

だって、常時点灯と制動時点灯で輝度に差がないため、ブレーキライトを常時点灯にすると意味がありません…(爆)

車のように常時点灯と制動時で輝度が変わるのが理想的ですね。

【雨天時について】

スイッチケーブルのコネクタ部分に水が浸入して、機械スイッチのオンオフに関係なく通電状態になり、ライトが常時点灯モードになってしまうことがありました。後輪からはね上げられた泥水が直撃するのが原因。
コネクタ部分への水の侵入を防ぐ対策が必要です。

スポンサーサイト
【 2013/03/12 (Tue) 】 自転車生活 ブルベ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード