マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

さようなら名鉄フェリー・三河湾一周ライド

知多半島の師崎と伊良湖を結ぶフェリー航路が廃止になるというので、
やっておきたかった三河湾一周ライドに出かけました。


8月は雨季だったため、月間走行距離がゼロ。
9月もわずか30kmしか走っていません。

しかも、2日前まで、原因不明の高熱38.2℃でうなされていました。熱が下がったとはいえ、体力は全然ありません。

自分でライドの企画をたてたのだから、DNSするわけにもいかない…。

というわけで、
相も変わらず(爆)、気楽な観光ポタのはずが、終盤ヘロヘロになって、
頼むから前を牽いてちょうだい!ライドに(涙)。

朝、8時前に碧南市臨海公園に集合。
碧南市臨海公園駐車場
サイクリストが大勢集まっています。いくつかのグループがここを起点にして出発するよう。

kanzさん、まさかと思っていたけれど、クルマじゃなくて自走でやってきました(唖然)。
もしかして、春日井から??(呆然)

最初に、衣浦の海底トンネルをくぐって知多半島にわたります。
衣浦トンネル入り口
階段で地下11階までおります。
衣浦トンネル階段で
トンネル内はラジオ放送。
衣浦トンネル自歩道
地上まで階段を11階上がって、本日最初のヒルクライム(笑)。

知多半島に上陸しました。今日はさわやかな秋晴れの好天。
知多半島に上陸
師崎に向かう途中、他のサイクリストグループと一緒になりました。
同じくらいのペースなので、そのまま連結して、8両編成に(笑)。

「こりゃ、楽ちん」と、サボっていたら、師崎を目前にしてチェーン落ち。
列車から脱落したので、あとは自力で走行。

師崎のフェリー乗り場には大勢のサイクリストが集結しています。
乗船を待つサイクリストたち
廃止前に乗っておきたいと思う人が少なくないんでしょう。

乗船しました。師崎を出航して伊良湖へ
師崎を出航し伊良湖へ
フェリーから眺める三河湾の島。
フェリーから眺める三河湾の島
伊良湖につきました。岬の灯台方面まで登って「灯台茶屋」で昼食。
大あさり
海鮮定食
メニューの写真ほどのボリュームはない気がしたけれど、おいしくいただきました。
ちなみに満席のため、1時間くらい待たされましたよ(苦笑)。


伊良湖岬から眺める、港の風景
伊良湖の港と道の駅

渥美半島の三河湾(渥美湾)側を快走。
伊良湖の風力発電
このあたりは、景色がとてもきれいです。

三河湾の海岸沿いにこだわっていたので、こんな荒れた堤防道路も。シクロクロスか?
こんな堤防道路をゆく
海沿いといっても平たんではなく、アップダウンが連続するルートを行きます。

白谷海浜公園で休息。南国風の美しいビーチです。
南国風の臨海公園
田原に入りました。時間が無いので、渥美半島のヒルクライム・スポット蔵王山はパス(笑)。

三河港大橋の歩道を渡ります。
三河港大橋の歩道
豊橋に入ると、23号パイパスに沿って進みますが、自転車通行禁止のため、側道と歩道を乗り継いで行きます。
このあたりからは、西に向かいます。日差しと向かい風にやられて、ヘロヘロになってきました。
豊川橋の歩道
豊川橋の歩道を渡れば、我慢の区間が終了。

ラグーナ蒲郡
ラグーナ蒲郡
蒲郡競艇場を経て

竹島へ。三河湾の観光名所をハシゴ。
蒲郡の竹島
西浦温泉に向かって半島を回ります。
西浦の橋
西浦温泉の渚ビーチからは、まさかのプチ劇坂ヒルクライムで心が折れました(爆)。
西浦の渚ビーチ
ここからは日没。

夜間走行は、ほとんどブルべの雰囲気に(笑)。
終盤、ずっと前を牽いてもらったおかげで、なんとかスタート地点の碧南市臨海公園にゴール。

念願の三河湾(三河湾+知多湾+渥美湾)一周を達成しました。

平均心拍 128
最高心拍 148


↑当日の体調を反映してますね。病み上がりにしては上出来かなぁ…


スポンサーサイト
【 2014/09/15 (Mon) 】 自転車生活 | TB(0) | CM(2)
kanzさん

夜間走行は本当にブルべみたいでしたねwwww

灯台茶屋、待たされたけれど、おいしかったです。

紅葉ライド楽しみにしています。
【 2014/09/17 】 [ 編集 ]
病み上がりのブルベじゃなくて、ポタリング、お疲れさまでした。

昼飯で時間とられ過ぎましたね。
私の選択ミスでしたm(._.)m

次回紅葉ライド(11月初旬?)もよろしくお願いします
【 2014/09/17 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード