マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

DIYで熱成形する~シマノ・カスタムフィット・インソール

シマノのカスタムフィット・インソールを、家庭用の電気オーブンを使って熱成形してみました。

カスタムフィットインソール

オーブンを予熱して設定温度に上げます。

何の料理でも(笑)そうだけど、予熱を忘れずに。



あらかじめ、クッキングシートを敷いておくのも忘れずに。
オーブンの温度は100℃

予熱が終わったら、手早く片方のインソールを置いて、加熱開始。
クッキングシートを敷いてインソール
マニュアル通り、1分間加熱します。

加熱処理が終了するまでに、シューズ本体を用意して、サイクリング用ソックスを着用し、やけど防止のため手袋をはめておきます。
※シューズのクリートは外した状態で。

チーン!

手早く、インソールを取りだして、シューズに挿入し、シューズを履いて、ストラップとバックルを締めます。
やや母指球よりになるよう、足裏全体に体重をかけます。
母指球よりに体重をかけて
ソックスを履いているので熱さ感じるほどでもなく、ちょっと暖かいくらいの履き心地(爆)。

5分間その姿勢を保つのがちょっと、つらい…(笑)。

成形終了後のインソールを取り出してみると
成形後のインソールつま先
つま先側に、指の跡がくっきりついています。

踵側は…
成形後のインソール踵
カップのくぼみが深くなりました。

実際の履き心地は抜群に良くなりました。
文字通り、自分の足にピッタリフィットしています。

シマノのカスタムフィット・インソールは柔らかめでロングライド向きとのこと。

さて、DIYでやった熱成形 の感想

手軽にできるし、万一失敗しても、カスタムフィット・インソール自体はそれほど高価なものでもありません。
そもそも、失敗するような要素はあまりないと思います。

普通のシューズのインソールだけをカスタムフィットに変更するだけでも良好な結果になりそう。



※付属のアーチパット等は、熱成形の終了後、必要に応じて使用するとなっています。
付属のアーチパット
僕は偏平足なので不要でした。



カスタムフィット・シューズの熱成形に続く
スポンサーサイト
【 2014/09/27 (Sat) 】 自転車生活 機材・整備 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード