マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

ハブのグリスアップ WH9000-C24

フロントホイール(WH9000-C24)のハブ(HB-9000)を分解清掃して、グリスアップし、玉あたり調整します。

アーレンキー2本で外せるといっても、それなりにトルクをかける必要があるため、携帯ツールではたぶん無理。
wh9000フロントハブ分解
長めのアーレンキーとソケットレンチを使い、「エイッ」と力をかけて外します。

シャフトが外れて、玉押し保持間座が現れます。
玉押し保持間座
手袋をすれば素手で緩めて外せることになっていますが…、
今回は歯が立ちませんでした(苦笑)。

プライヤーにガムテープを巻いて、
プライヤにガムテープで回すJPG
間座を傷めないよう、慎重に緩めていきます。
間座が取れれば、玉押しは簡単に外せます。

シールの下に、ベアリングが見えてきました。
シールを慎重に取り出します
グリスアップだけなら、この状態でも作業できますが、
今回は、古い汚れたグリスをふき取りたいので、
黒いシールを外します。
マイナスドライバーを使って、シールを変形させないよう
慎重にこじりだしていきます。

リテイナーに収まったベアリング玉が見えました。
wh9000フロントハブのベアリング
リテイナーごと取り外して、きれいにふき取ります。

適量のグリスを塗布して、順番に取り付けていきます。

玉押し調整は、慎重に。

シャフトの固定はトルクレンチを使ってきっちりと。
wh9000フロントハブを固定


■ リアホイールのベアリングの状態が気になっていたので、覗いてみました。

グリスが茶色く変色して、汚れています。

分解して清掃(笑)。

WH-9000リアホイールのフリーハブ(FH-9000)は、
FH-9000のベアリング玉
ベアリングの玉が、反フリー側はリテーナーで保持されていますが、フリー側はバラ玉。シャフルトを抜くと、
パラパラと玉が落ちてきます。

ハブのシャフトは、フロントと同じようにアーレンキー2本で外せます。
ハブ軸・玉押さえ・シール
黒いシールを外すのにちょっとコツが。薄い素材を変形させないよう、慎重にマイナスドライハーでこじり出します。

劣化して変色したグリスを綺麗にふき取ってから、ハブのフリー側・玉受けに新しいグリスをたっぷり塗って、
指で玉を1個ずつグリスに貼り付けています。
13個全部付けたら、シャフトを挿入。

反フリー側も、玉受けにグリスを塗り、ベアリング玉のリテイナーを入れて、
その上から、グリスを適量塗布。

※マニュアルには、「グリスをたっぷり塗布しろ」と書いてありますが、グリスが多すぎると抵抗が増えることもあるので、ほどほどに。

玉あたり調整は時間をかけて念入りに。ちょっと固めくらいのところから、さらに1/8締めた加減で良しとしました。

片側アーレンキー、もう一方をトルクレンチで、規定トルクまできっちり締めて固定。

かなりきつめに調整したつもりでしたが、
手にもってホイールを回すと、ヌルヌルと滑らかに回転します。
毎回、必ずバルブホールが上になるところで、停止。

タイヤをはめて、ホイールバランスも見ておきたいです。



その後、鋭意、作業を進め…

ワイヤーを張ってテンション最適化。チェーンもマニュアル通りに取り付け。
6800変速機の調整まで完了
変速機の調整まで漕ぎつけました。

10速時代のCN-7901には、チェーンの裏表があって、軽量化のため、コマにスリットが入っていました。
11速のCN-9000は、裏表もスリットもありませんが、PTFEコーティングで摩擦を軽減したとか。

カセットは、DIYで作成した 12-28T ※CS-5800ベース

えっ?、整備はいいから、もっと練習しとけって?


スポンサーサイト
【 2015/01/17 (Sat) 】 自転車生活 機材・整備 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード