マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

フル輪行で真冬のオールナイト・ライド

「輪行で出かけて、輪行で帰る」という本当の輪行を初めて実行しました。

輪行自体はさすがに2回目(笑)なので、1時間以上かかるという下手はないけれど、手際が悪いのは相変わらず。パックを終えて全ての荷物をまとめるまでに30分くらい必要です。

自宅から最寄りの地下鉄駅まで、車で送ってもらって、地下鉄乗車。
地下鉄車内での置き場所(出入り口脇のシート手すりに立てかけ、シートの端に座って倒れないよう手でかかえる)を考えると、輪行バッグは設置床面積の小さい縦型がベストのような…。

名駅で、東海道本線の新快速に乗換。

新快速の車内は空いていたので、
東海道本線新快速豊橋行き社内
二人掛けのシートの足元に輪行バックがすっぽり収まりました。たぶん一番安心な形態。
縦型以外だと、もしかすると通路にはみだすかもしれません。

目的地の駅に着いたら、
豊橋駅在来線ホーム
一般乗客がすべてエスカレーターに乗ってしまうまで、待ちます。

エスカレーターの乗り降り、改札の出入り……やはり、輪行バッグは担いだ時の取りまわしの良い縦型が一番無難な気がします。

駅前で、もたもたと組み立てて、発進。
愛知県三河の某駅前

恋路が浜に沈む夕日を眺めつつ
恋路が浜に沈む夕日131

夜の弁天島サークルKで休憩
夜の弁天島131

オールナイトで走って、静岡県を縦断します。

遠州大橋料金所131
遠州大橋は自転車通行無料

宇津ノ谷峠の道の駅で、少し仮眠を取り…

富士市を経て沼津辺りで夜明け…高揚感アリマシタ
沼津で夜明け0201

伊豆から冷川峠を越えます。上の方は凍結していてビックリ。
伊豆市0201

伊東で駅伝大会の通行止め(苦笑)に出くわして立ち往生。
伊東で駅伝大会通行止め

湯河原で念願の神奈川入り!

残念ながら膝の故障のため、大磯付近でチャレンジ終了。

JR大磯駅前で、パックして輪行で帰ります。
JR大磯駅前

オールナイトで380kmを走ってくれたDefyくん。足回りが、平地仕様のセミディープRS81-C35CL
380km走ったDefy君
コンポ載せ替え11速化して以来、都合600km以上走って、変速系、ブレーキ系のトラブルなし…(←アタリマエダケド)

ちなみに自己満足ポイントは、

無宿泊での最長到達距離を更新(380km)。 
自転車で初めて神奈川県入り達成。


JR大磯駅ホーム

在来線で小田原まで行って、新幹線に乗り換え。
幸運にも小田原停車のひかり号の自由席に座れました。

■輪行バッグが超軽量コンパクト・タイプというところがネックか?

もともと、緊急用という目的で購入した、あさひのオリジナル商品 pochitt 超軽量の縦型輪行パッグ。
(ブルべ等でのDNF時の備え)

たしかに、軽いし、小さくなって持ち運びに便利なんだけれど、
リアエンド金具が必須で…(クイックをホイールと兼用するタイプのため抜き差しの手間も)
樹脂製リアエンド保護具

パック⇔アンパックに時間がかかってしまう。
肩かけ紐が細すぎて肩に食い込んで痛い→長い距離を持ち運ぶのが苦痛。
輪行中にフレームのどこかに傷が付くんじゃないかと心配になる。
人にぶつけた(ぶつかってこられた)場合のトラブルがヤッカイな気がする


そんな理由で、どうも「輪行」をおっくうに感じてしまっています。

自宅最寄り駅が地下鉄で車内が常に混雑していること、乗換先の名古屋駅でも人混みの中を歩いて
移動しなければならない…という条件では縦型を選択せざるをえないのかも。

もし、比較的空いている路線をメインに使える環境だったら、パック&アンパックが素早くできる
横型輪行バッグを考えるでしょう。

えっ? そんなことよりも、まずは輪行の腕を磨けって??
スポンサーサイト
【 2015/02/06 (Fri) 】 自転車生活 | TB(0) | CM(2)
kanzさん

真夜中に淡々とソロで走るのは、陶酔感があってちょっと気持ちいい(爆)です。

夜明けを迎えて空が白んでくると、高揚感が沸き起こります…、wwww

【 2015/02/07 】 [ 編集 ]
お忍びアタックお疲れさまでした
今度詳しく教えてください。
300Kの向こうの世界を。
【 2015/02/07 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード