マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

ロンドン自転車観光~シェアバイクとサイクル・トレイン

ロンドン市内には、シェアバイクのシステムがあります。
シェアバイク・バークレイズ・サイクルハイヤー駐輪場
このようなシェアステーション(駐輪場)が市街地のいたるところに設置されていて、クレジットカードで決済。ステーションならどこでも乗り捨てできます。

提供されている自転車は大変頑丈な作りで、夜間は注意喚起のライトが自動点灯。メンテナンスもしっかり行われています。

残念ながら、私たちはシェアバイクを借りる予定日があいにくの雨天だったため、乗れませんでした。

バッキンガム宮殿附近にて目撃。シェアバイクは、こんな感じで観光に利用する人が大半のようです。
シェアバンクでバッキンガム宮殿観光

■英国国鉄のサイクルトレイン

イギリスの国鉄では当たり前のように、ほとんどの路線でサイクルトレインが導入されています。
サイクルトレイン

観光客らしい人がミニベロ(ブロンプトン?)を連れて切符を買っています。
切符売り場に並ぶ自転車乗り
きっと、盗難予防のため自転車から離れないのでしょうね。

改札サイクルトレイン
改札も自転車を押してそのまま通過。

ロンドンでは、観光客向けに自転車ツアーを主催している会社がいくつかあります。
自転車ツアー客
ガイド付きで、自転車でしか通れない道に入ったり、確かに地下鉄やバスで回るよりも楽しそう。


バッキンガム宮殿で衛兵の交代式を見学
外交使節の馬車

外交使節の馬車を警護する騎馬警官に続いて

自転車警官!(笑)
自転車警官
でも、実際問題として、馬よりも自転車の方が、何かあった時の対応が早そうなので、納得。

ちなみにお馬さんも…
騎馬警官の乗馬も反射ベスト
反射ベスト着用です!


スポンサーサイト
【 2015/03/31 (Tue) 】 夫婦で観光ポタリング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード