マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

BRM531呉200 (1) さざなみ海道で呉から尾道まで

事前の天気予報では雨天だったものの、直前に雨が前日にずれて、当日は五月晴れとなりました。

大和ミュージアム向かいの潜水艦
今回の出走者は79名。ウェーブスタート方式で、9組に分けられました。無作為に割り当てられたのは、8組目。

※AJ広島スタッフ撮影の写真を一部拝借しています。
スタート順番待ち
僕はロンドンで買ったツートン・ベストで出走。オレンジとイエローのコンビは晴天下でもよく目立つし、同じものを着ている人がいないのが良いです。

信号が変わるタイミングで組ごとに順次スタートしていきます。
8組目は、後ろの組なのでのんびりと待機。

呉の市街地は信号停車が多いため
呉市街地で信号待ち
小集団ごとにまとまって走ります。

市街地を抜けると、速い人が30km/h台にペースをあげます。しばらく付いていきましたが、自分にはオーバーペースなので、お見送り。
尾道まで、朝のさざなみ海道をマイペースでゆきます。朝もや?で、ちょっと幻想的な雰囲気
さざなみ海道をゆく

スタート後しばらくして、カセット付近からの音鳴りに気づきます。
旅行の前に、しっかり変速調整をしてきましたが、電車をいくつも乗り継いで輪行してきた道中のどこかで、リアディレイラーをぶつけてしまったよう。停車してワイヤーのテンションをいじりながら調整を試みますが、どうしても音鳴りを解消できません。ブルべのさなかにディレイラーを修理している暇はないので、音鳴りしないギヤに当たりをつけて、もっぱらそのギアを使って走行を続けることにしました。

予定では、呉に到着した前日のうちに自転車を組み立てて、試走を済ませておくはずでしたが、あいにく午後から雨天となってしまい、その日は自転車に乗れず。実走がブルべ本番になってしまいました。



さざなみ海道は、完全に平たんというわけではなく、一部に丘が続くところもあり、アッププダウンの連続も。
さざなみ海道の下り
先頭の人は、膝に故障があるような感じで、両足にサボーター着用。
2番目のランドヌーズは、瀬戸田出身のきさくな方で、地元について色々と親切に教えてくださいました。
旅先で地元の人と交わす会話は、旅の楽しみの一つ。

尾道まで約80kmの道のりです。微風ながら向かい風という、楽はできないコンディション。
尾道までブルーライン表示
全線ブルーラインが牽いてあるので、初めてでも分かりやすい。

ふたたびトラブル発生! 
下り坂の途中で、GPSナビが路上に落下。スピードが出ていたため、数百メートル歩いて戻って、ようやく回収成功。
本体の画面は傷だらけになったものの、幸い機能的な故障はなく、引き続き使用可能でした。

それにしても、ブルべの度によく落とします(苦笑)。
ナビのホルダーに欠陥があることは以前からわかっているんだけど…



国道2号線の看板を見つけて、
国道2号線の看板に萌え~
萌えたのは、僕だけかしらん?

コンビニでの小休止を挟んで、尾道駅の近くにある桟橋に到着。

10時44分でした。この時点で1時間弱の貯金。でも、おそらく最後尾のグループです。
尾道の渡船桟橋
AJ広島のスタッフに写真を撮ってもらっているのは、岐阜県から参加のご夫婦。
夫婦でブルべなんてうらやましい。うちでは考えられません(涙)。

向島にわたる渡船に乗船。
渡船に乗って向島へ
乗ってから、船頭のおじさんに、自転車運賃110円を手渡しします。
これが、ローカルな渡し船らしくて、いい感じでした(笑)。

地元の人にとっては、何でもないことなんでしょうけど、愛知県から初めて来た僕からすれば、ブルべのルートに渡し船があるってこと自体が新鮮でおもしろかったですよ!



向島に上陸したら、いよいよ、しまなみ海道です。

※岐阜のご夫婦は名物のラムネを飲みに行ってしまいました。しまなみ海道をたっぷりと楽しむのでしょう。

スポンサーサイト
【 2015/06/07 (Sun) 】 自転車生活 ブルベ | TB(0) | CM(2)
kanzさん

お久しぶりです。
おかげさまで、膝の方はだいぶよくなりました。
さすがにまだ山の方へ行くのは、気が引けますが、
平たん路なら問題ないようです。
【 2015/06/12 】 [ 編集 ]
随分遠くまで遠征されましたね〜
膝は回復されたようですね
またゆるポタ行きましょう

【 2015/06/10 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード