マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

モンベル・コンパクト輪行バッグで新幹線輪行の旅

5月の呉しまなみ海道への旅では、新しくモンベル・コンパクト輪行バッグを購入して使ってみました。
名古屋駅新幹線ホームでモンベル輪行バッグ2
名古屋駅新幹線ホームにて mont-bell コンパクトリンコウバッグ

モンベル・コンパクト輪行バッグは、横型の巾着袋式。底を完全に覆うわけではなく、穴が開いているので、付属品を落とす恐れがあります。また、縦型と違って、シートチューブのケージに刺したツール缶が逆さまになるため、そのままでの持ち運びは避けた方が賢明。

■ 今回、従来使用していたポチット縦型輪行バッグをやめた理由

BRM531呉200では、ゴール後に、フェリーに乗船して宿泊地の呉まで帰ることになります。
主催者側のアナウンスで、必ず輪行袋に収納して乗船するよう指示が出されました。

ということは、いつものようにブルべをギリギリの時間で完走したら、ただちに短時間で輪行収納を済ませなければなりません。

時間の制約があると、輪行収納が下手くそな自分には、ポチット超軽量縦型輪行バッグは手間がかかってリスクが大きくなります。というわけで、手軽さで人気の横型輪行バッグを新たに導入しました。



モンベル・コンパクト輪行バッグ重量
モンベル・コンパクト輪行バッグ一式の実測重量は、308g (※カタログ重量297g)

ポチット超軽量縦型輪行バッグの実測重量は、224g
軽量プラ製リアエンド保護具の実測重量は、65g
合わせて、224g + 65g = 289g
ただし、布地はすごく薄くて、向こう側が透けて見えるくらい。


モンベルのバッグは、多少重くなりますが、生地は比較的しっかりしていて簡単に破れることはなさそう。もちろん、透けて見えるようなことはありません。

輪行バッグ大きさ比較・モンベル・ポチット
ポチット超軽量縦型輪行バッグとモンベル・コンパクト・リンコウバッグの大きさ比較

モンベルコンパクト輪行バッグの付属品一式
付属品は、本体の生地に、収納袋を兼ねたポケットが縫い付けられています。ホイール固定用の紐が3本。持ち運び用フレーム固定紐が1本

今回、オーストリッチのチェーンカバーも同時に購入しました。
オーストリッチ・チェーンカバー
収納・組み立ての際に、手や腕、ジャージにチェーンが触れて汚れるのを防ぐのが目的。

でも、ちょっと短い。RDまで届きません。
長さが足りないチェーンカバー
ロングライド用のフレームでチェーンステーが長いと、こうなるということかな…。
OSTRICH チェーンカバー

モンベル・コンパクト輪行バッグは、巾着式になっていて
巾着式は最後に紐をひっぱっで口を閉じます
上から自転車に被せ、底の紐を引っ張って、口を絞ります。実に簡単。※完全に底の穴が塞がるわけではありません。底に穴が開いたままになります。


JRの在来線や名古屋市営地下鉄では、運転席後ろのデッキが無難な置き場所
JR在来線は先頭車両の運転席後ろデッキ

さて、新幹線。
輪行バッグを安心して置ける場所は、各号車の最後尾席のうしろ、座席と壁の間のすき間だけ。
3列シートの後ろならリクライニングされてもOK
横型輪行バッグの場合、3列シートの後ろなら余裕をもって置けます。リクライニングでシートを倒されても、高さのない横型バッグなら問題ありません。

実は、今回の旅では、のぞみ・各号車の最後尾の指定席を予約していったのですが、往路の名古屋で乗車した時点で、3列シート側の後ろが塞がっていました。やむを得ず、2列シートの後ろに、横型輪行バッグを置かせてもらいました。ホイールベースが長いフレームだと、このように少し通路にはみ出してしまいます。
2列シート後ろから少しはみ出す輪行バッグ
写真では、注意喚起のため、反射タスキ(!)を装着。

新幹線で輪行する場合、横型バッグだと、各号車の1か所しか安心して置ける場所がありません。縦型バッグなら、2列シートの後ろにも置けるので、2か所になります。

※ただし、縦置きした場合、シートをリクライニングでいっぱいまで倒されると、自転車と干渉する可能性あり。上に出る部分が自分の席の真後ろにくるよう段取りが必要。



のぞみ車内で、つらつらと考えて…思いつきました!

リアエンド金具をつければ、横型バッグでも縦置きができるじゃないですか!(^o^)f

えっ? そんなの常識だって??

もっとも、新幹線に乗車した時点で、2列側、3列側シート両方の後ろに、先客が荷物を置いている可能性があります。結局は早いもの勝ちのスペース。最悪の場合、次の到着駅の出口と反対側のデッキに置かせてもらうしかありません。他の乗客の迷惑になってはいけないので、到着駅ごとに置き場所を変えるという面倒になるかも。
新幹線で輪行するときは、そこのところがギャンブル。毎回、ドキドキです。



ブルべ完走後、松山観光港フェリー乗り場で、輪行収納するときも、ていねいに作業をして、10分以内で完了しました。横型バッグは、圧倒的に収納が簡単で気持ちが楽です。
松山観光港で輪行準備開始

これからしばらくは、横型輪行バッグをメインに使っていくことになりそう。新幹線で輪行するときは、あらかじめリアエンド金具を付けて、縦置きもできる準備をしておくことにします。
mont-bell コンパクトリンコウバッグ


スポンサーサイト
【 2015/06/22 (Mon) 】 自転車生活 輪行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード