マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

ホームステイのアメリカ娘が数年ぶりに我が家を再訪

1年近く、我が家に滞在していた、アメリカ人留学生のAちゃん。

帰国後も、しばらくは、メールで keep in touch していたのだけども、そのうち、自然と音信不通に…。

20代前半は、多感で多忙な時期。多くの出会いや経験があって、遠く離れたホストファミリーのことは忘れてしまう……それが普通なんでしょう。

我が家がホストファミリーを辞めて、数年。

ある日、突然、Aちゃんから、メールが届きました。

友達と日本旅行をするついでに、ホストファミリ―だった我が家を訪ねたいとのこと。

うれしいじゃないですか!! もちろん、大歓迎。

1日目は、Welcome Home パーティー。
ウェルカムバックパーティー
メニューは、ホスト・ダット(笑)お手製の手巻き寿司とパエリア。

最近、まじめに料理を作っていなかったので、手際が悪くて時間ギリギリまでかかりましたが、なんとか開始時刻に間に合いました。

ホスト・マムには、マリブのお土産。
マリブ土産をいただく女房
ホスト・ダットには、何もありませんでした(涙)。

Aちゃんは、今、ハリーポッターそっくりでハンサムな彼氏と、カリフォルニアの高級リゾート地マリブのアパートに住んでいるそう。
リゾートの風景
そのマリブでは普通のメゾネット式アパートは、棟ごとに専門ジム付きで敷地内に専用プールが2か所もあるといいます。
う~ん、やはり、米国の中流家庭は、日本とは生活レベルが全然違いますね。
日本で中流家庭(自称)の我が家なんて、あちらの基準では、ずっと下の方のレベル。

夫婦で休みをとって、Aちゃんと、プチ観光に出かけました。
恵那峡SAでホストマムとAちゃん

妻籠は、外国人の受けがいいです。
妻籠散策する2人

妻籠の蕎麦屋で、馬刺し(!)にチャレンジするAちゃん。
妻籠で馬刺し
日本人でも苦手な人が多いのに、このアメリカ人は、なんでも食べちゃいます。
それが、相手の文化(食文化)へのリスペクトということかな…。

5日間の滞在中、家族で楽しく過ごしました。
くつろぐ2人新聞と手芸
きっと、独り立ちした娘が久しぶりに帰省してくれるって、こんな感じなんでしょうね。

いつか、もう一度会えるといいなぁ


スポンサーサイト
【 2015/08/12 (Wed) 】 ホストファミリー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード