マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

CS6800 14-28T 11速アルテグラのジュニアカセット

10速時代に、CS6700のギアを組み合わせて、DIYの14-30Tを作成し、愛用していました。
11速に移行する際、CS5800のDIY 12-28T を使用していましたが、平地巡航を重視すると、
16-17-18-19T と連続しているギアが欲しくなります。

11速でもシマノ純正のジュニアカセット 14-28T が発表されたので、発売後すぐに手に入れました。

11速アルテグラ ジュニアカセット CS6800 14-28T
CS-6800 14-28Tパッケージ
SHIMANO(シマノ) CS-6800 11S 14-28T ICS680011428

14-15-16-17-18-19-20-21-23-25-28T



14から21まで、連続して8段も1Tずつ変化の超クロウスな構成。

10速時代は、ロー側が、-21-24-27-30T とワイドな構成で、1段ごとのギア比の変化が大き過ぎると感じることが
度々ありましたが、11速ではロー側も、-21-23-25-28T と、ギヤ比が接近して使い易くなりました。

14-28T鳥瞰図
手に取ってみると、ずっしりと重みがあります。重量を測り忘れましたが、12-28Tよりかなり重いのは明らか。

トップギアにチェーンを上げた状態で、チェーンと、シートステイとのクリアランスが確保されているか要確認です。
ジュニアカセット装着時にはトップ側のギヤが大きくなるためか、RDの変速調整がシビアになります。

使用するまで、さすがに 20Tは、要らないだろうと思っていました。
ところが、実際、ロングライドで疲れてくると、平地巡航でも、自分の場合 19-20-21T 付近を多用します。
平地でも、路面状況や風向き、微妙な勾配で、回しやすいギヤを細かく選択できるのは、
ありがたいこと。

トップからローまで滑らかなギヤ比の構成
cs6800_14-28Tギヤヒ

もちろん、下り坂でトップギアが全く足りないため、「下りで漕がない、下りでスピードを求めない」、
という割り切りが前提になります。

アウタートップ 50T-14T のとき、
ケイデンス90rpmで 40km/hくらい、
ケイデンス100rpmで 45km/h くらい。



SHIMANO(シマノ) CS-6800 11S 14-28T ICS680011428


スポンサーサイト
【 2015/12/14 (Mon) 】 自転車生活 機材・整備 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード