マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

ロードバイク購入ガイドブックを集めて斜め読み

さて、「今度買うなら、ネームバリューのある欧州ブランドのロードバイクが欲しい!」

そんな漠然とした方向性しかないため、とりあえず、ガイドブックをいくつか入手して読んでみました。
ロードバイク購入者向けのガイドブック

ロードバイク・オールカタログ2016

こちらは、日本で入手できるすべてのロードバイクが掲載されています。大手メーカーから、小規模ビルダーまで漏れなく!
自分が知らないメーカーやブランドが多くあってビックリ。ただし、掲載件数は圧倒的に多いものの、写真と基本スペックだけが記載されているだけで、乗ったフィーリングとか、どんなライダーに向いているとか、そういった本当に参考になる情報はありません。
やはり、飽くまで、カタログでした。

ロードバイク完全購入ガイド2016-2017

エントリーからミドルグレードくらいまでのロードバイクを対象に、実際にテストライダー2人が乗ってみて、解説した本です。
レース向きなのかロングライド向きなのか、入門から初級くらいのライダーを想定してわかりやすく書いてくれているので、初めてロードバイクを買う人にも、とっつきやすいと思います。
読んでいて大変面白い本でしたが、今回の自分がターゲットにしているのが、もう少し上のアッパーミドルからハイエンドクラスなので、一番欲しいところの情報がなくて残念。

ロードバイク・コンシェルジュ2016

ロードバイクを、エントリー、ミドル、ハイエンドの3つのクラスに分け、10人のテストライダーが実際に試乗して、詳細に解説しています。
それぞれのクラスで、さらに、レース、ヒルクライム、ロングライド・ブルべ、ツーリングと、4つのカテゴリーで最適な用途に分類してあり、バイクの性格が分かりやすいです。

たとえば、ハイエンド、レースのカテゴリに分類されるピナレロのDOGMA F8DOFMA_F8べた褒め記事

憧れるにふさわしい夢のような万能ロード

万人に薦められる理想的なロードバイク
速いのに快適、俊敏なのに疲れにくい
レースで勝利を目指す人はもちろん、ゆっくり走る人にも向いています。
まったく逆の相反する要素を実現している夢のような自転車です。


などと、官能的な言葉を並べて、ベタ褒め…

こんな風に書いてあると、メタボな老ディーがDOGMAに乗ってもいいんじゃないかと思ってしまうじゃないの!?ヾ(o´∀`o)ノ

スポンサーサイト
【 2016/08/06 (Sat) 】 自転車生活 PINARELLO GAN S 2017 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード