マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

シドニーサイクリング サーキュラー・キーからボンダイビーチまで 後編

シドニーサイクリング前編の続き

幹線道路には自転車通行不可の区間が含まれているのか、途中で、脇道に誘導されます。
シドニー郊外の住宅街の中をゆく
シドニー郊外の住宅地をゆきます。

風景を楽しみながらのんびり流していると、同年代とおぼしき、つまり、おっさんのオージーローディーが近づいてきました。
軽く挨拶を交わして、しばらく一緒に走りましたが、方向が違っていて、すぐにお別れ。

ずっと上り基調のため、ペースが上がりません。 少し不安になってきたタイミングで、Bondi のサインを見つけました。
ボンダイのショッピング街看板
目的地に近づいている証拠で、ひと安心。

この辺りが、ルートのピーク地点のようで、ここから4%くらいの下りが続きます。
爽快な早朝ダウンヒル。

ようやく、こちらの交通ルールに慣れてきて右側の右折レーンにも躊躇なく入れました。
右折レーンに入れました
シドニーでは、走行している車の大半が日本車であることも、馴染みやすい要因。

いかにも観光地らしい、開店前のショッピング街を抜けいていくと、前方の景色が開けてきて
前方にビーチが見えてきました
ビーチが見えてきました。

ビーチ沿いの駐車場まで降りて記念撮影。
ボンダイビーチのご来光とディファイ君
ボンダイビーチは、シドニーでも一二を争う人気ビーチだとか。

手早くエネルギー補給を済ませ、
10分ほどビーチ沿いの道を歩いて、風景を堪能します。

早朝でしたが、散歩の人やジョギングの人がけっこういました。
朝方のボンダイビーチ西側
ボンダイビーチの西側。
海では、サーフィンしている人も。

朝食までに戻るという約束をしているので、帰路につきます。


せっかくの貴重な機会。往路とは違うルートを選択しました。
シドニー郊外風景の1
帰路の序盤は、上り返しのヒルクライム。汗だくになって上り切れば、
あとは、下り基調の快走区間。

住宅街を行くと、テレビでしか見たことのない、ラウンドアバウト。
ラウンドアバウトも左側通行ならわかりやすい
左側通行なので、直観的に、どう入ればいいのか容易に推測できます。
これが、もし、右側通行だったら、かなり戸惑うでしょう。

ところどころ、自転車専用レーン。
自転車レーンをゆく自分の影を自撮り
でも、日本の都市部と同じように一部だけ。

幹線通り沿いのGSでは、コンビニが併設されていることが多いです。当地のサイクリングで唯一の補給ポイントかな。
GS併設のセブンイレブン
ただし、こちらのセブンイレブンは、日本のそれとは全然違う店。


グーグルマップのおかけで、朝食15分前にホテル到着。

ホテル入り口で、宿泊客とすれ違いましたが、精一杯の笑顔を作り、大きな声で、
"Good Morning!"
あちらも、笑顔で挨拶を返してくれたので、無難にやり過ごせたよう。

部屋に戻って、シャワーを浴び、着替えを済ませたら、ちょうど、8:00。
無事に、家族と一緒に朝食に出かけられました。


距離は短かったものの、初めての海外サイクリングにしては上出来。
今回のシドニー旅行で一番の想い出になりました。


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード