マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

らくらくガーデニングのため、ハサミを2点購入した

ガーデニングの基本作業は、花がら、枝葉をハサミで切り落とすこと。
最初は、廉価なものを使い捨て感覚で選んでいたが、使用に耐えるのは最初だけで、すぐに切れなくなる。

ハサミ類もプロの庭師さんが使うような定番品を買ってみた。

岡常の剪定ばさみ
岡常の剪定ばさみ。堂々の日本製!
廉価な復旧品の3倍近い値段がする。しかも、普及品がステンレス素材でさびにくいのに、岡常の剪定ばさみは、鋼製でオイルメンテナンスが欠かせない。

実際に使ってみると、切れ味バツグンで剪定がはかどる。刃にヤニが付着してきても、切れ味が落ちにくく、閉じた鋏の戻り具合も良好で、使い勝手が変わらない。

長期的には、刃を砥ぎなおすことで切れ味を維持できるらしいが、素人が砥ぐのは難しいだろう。

ちなみに、岡常は、尾道市因島に本社と工場がある。つまり、サイクリストの聖地しまなみ海道にあるというわけ。
ねっ、ちゃんと自転車と関係があるでしょう? このプログは、いちおう自転車ブログだから…。

もう一つ購入したのが、これ。
千吉の太枝切ばさみ
普及品の太枝切ばさみ。アマゾンでわずか1000円くらいだった。
ただし、しっかり作られていて品質は◎。

これが、思っていた以上に便利。今まで、ノコギリを使わないと切れなかったような枝も、一発で切り落とせる。しかも、切り口が綺麗なので、植物を痛めにくい。
高いところにある枝にも届いて、パチンと切れる。

さらに、これは予想外の発見だったのだが、剪定した枝葉を袋詰めするために、短く切り刻む作業で大活躍。袋詰めにかかる時間が何分の一かに短縮できた。
最近導入した機材としては、ガーデニングの省力化に最も劇的な効果があった。

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード