マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

イケア長久手オープン後・最初の日曜日に夫婦で突撃!!

10月11日に正式オープンしたイケア長久手。
案の定、連日大変な混雑が続いてます。

オープン後初の日曜日に、比較的混雑が緩和されているであろう夕方の時間帯を狙って、夫婦で突撃しました。

女房の希望により、正面突破を図って行くことに。つまり、正直にグリーンロードの入店待ち車列に並びます。
イケア入店待ちの渋滞
渋滞をノロノロ進むこと1時間。ようやく、店舗手前の信号を渡りました。
ここからは、スムーズに進んでいきます。

駐車場は屋上まで誘導されて、一番奥の方に空きがありました。

車を停めて、1階までエスカレーターで降ります。
幸い、店舗前に入店待ちの行列はありませんでした。
そのまま無事、建物の中へ。

入り口すぐのところに、ビストロがありますが、とんでもなく長蛇の列。
ホットドックとソフトクリームは断念しました。

その奥が巨大なレジ・フロアー。
イケアレジフロアーの混雑
大変な人混みで普通ならうんざりするところですが、日本の店舗にはないイケアっぽい雰囲気にワクワクします。

上の階に上がり、順路に従って順番に見ていきます。
各フロアーともに人で溢れています。
それでも、大きな混乱やトラブルが起こらないのは、協調性の高い日本人ならではの美徳でしょうか…。
※ただし、日本人ばかりというわけではなく、外国人の来店客の方も、一定割合で見かけましたよ。

イケアの魅力は色々と語られていますが、自分としては、スウェーデン式の店舗をそのまま日本に持ち込んでいるところに強く惹かれます。勝手がわからず、戸惑うこともありますけれど、だからこそ、ヨーロッパ旅行中に、町中の店にたち入ったような疑似旅行体験を堪能できるんです。もちろん、来店客はほとんどが日本人ですけど。



お腹がすいたと女房が言うので、レストランで夕食をとることにしました。

ここも混んでいて、係の人が入店制限をかけていました。
イケアレストランの混雑
このレストランのシステムは、大学の学食や会社の社員食堂のイメージに近いです。
置いてあるのは、日本では珍しい北欧や欧州のメニューが中心。

結局、30分ほど並んで、レストランレジで精算できました。
イケアレストラン定番メニューのミートボールとサーモン
イケアレストラン定番のサーモンとミートボールを頂きました。

なぜか、名古屋名物の手羽先を見つけたので、ついそれも一つ(笑)。


これまでにイケア・ストアの神奈川と神戸に行ったことがあります。
その中でも長久手ストアは少し雰囲気が違っていて、新鮮に感じました。同じイケアでも店舗ごとに個性があるのかも。
イケアファンの方は、是非、長久手にもお出で下さい。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード