マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

報道「省庁が障害者雇用水増し、軽度も加算の疑い」について意見


数字を誤魔化したという総論については確かにケシカランと思いますが、各論ではむしろ適切な対応ではないかという意見です。


「障がい者手帳の無い糖尿病患者を、障がい者として雇用していた」ことが問題のひとつに挙がっていました。


これ、むしろ、妥当な対応だと思うんですけどね。糖尿病と言っても、1型、2型、インスリン依存の有無で分かれるんでしょうけど、インスリン必須の患者は、障がい者手帳が無くても、障がい者雇用の対象に含めてもいいでしょう。もちろん、軽度の2型は対象外にして。

さらに、障がい者手帳のない、指定難病患者も含めましょう。

・採用側は、現状では、狭い対象者の中から人材を採用しなければならず、法定雇用率の達成に四苦八苦しているのですから、対象者の絶対数が増えることで、選択の幅が広がって助かる。職場に適した人材を採用しやすくなる。

・実務能力に欠けている障がい者を無理に採用した結果、周囲の同僚に多大な迷惑をかけ、職場全体の生産性が低下してしまうという弊害が減ることも期待できる。

・障がい者手帳は無いけれど、様々な面で健常者にはないハンディを抱えている慢性疾患患者にも、就業および社会参加の機会が増える。

双方にとって、いいじゃないですか!

この案の利点は、障がい者手帳所持者の数を増やさないので、障害年金の受給者数を増やさないところにもあります。行政側の財政にも優しい方向です。


※僕自身は、血糖値正常で、糖尿病とは無関係ですよ。念のため。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード