マイペース マイペース

フィフティーズ老ディーの自転車生活、夫婦でポタリング … リハビリで始めた自転車どこまでいけるかな…
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

BRM412中部300 ミスとトラブル続きで、命がけ走行

AR中部主催ブルベ BRM412 AKM48 300kmに出走しました。

当日、スイトピア江南に早く付いたため、8時スタート組をお見送り。
BRM412_8時スタート見送り

その後、9時スタートの愛知県組が続々と集まってきます。
ギリギリ仲間集合写真
スタート前に集合写真を撮る余裕も。左から、ひろんさん、僕、kanzさん、Mokos旦那さん。

スタート後しばらくは、28km/hで進む集団に紛れ込んで、下り基調の堤防道路を快走。順調に時間を稼いでいきました。でも、ふと気が付くと旅の仲間、kanzさん、ひろんさんの2人がいません。

このまま多度まで行ってなるべく貯金を殖やしておきたかったのですが、仕方なくしばらく待ちます。なんでもミスコースしたとのことで、2人が到着する頃には最後尾。まぁ、定位置ですから(笑)。

今回は初めての300km挑戦。自分としては完走を目指して準備してきました(完走を目指すのは当たり前なんだけど、とりあえず参加してみるか、という時もあるので…)。
当日は体調もよく、スタートから多度大社の45kmくらいまでは順調に距離を稼いで時間貯金をためていきました。

それでも、いくつかミスを重ねてしまい、青山峠前に、貯金がマイナス。冷静に状況を判断してDNFとなりました。ロングライドでミスやトラブルはつきものですが、今回はその数が多すぎました。

(1)最初のミスはウェアの選択。
夏か冬かで迷いに迷って、結局、長袖+タイツという肌露出の無い夏ウェアで出走しました。ところが、スタート会場に来てみると、みなさん、冬装備じゃないですか。シューズカバー装着の人もいるくらい。

スタート前に複数の人に聞いたところ、「冬ウェアでは、昼間は暑いだろうが、それは我慢できる。夜に凍えては走り続けられないのだから、寒さ対策優先」、という考えでした。

なるほど。こりゃ失敗しました。日没後の青山峠で凍えるだろうなぁ。木曽川の堤防を下りながら対策を考えます。日没後に途中のコンビニで、下はストッキング、上は肌着を調達して重ね着すればなんとかなるかも…。いざとなれば、新聞紙を腹周りに巻きつけるという手も…。


(2)ハンガーノック。
当日は、6時起床。朝食を済ませてからスタート会場へ移動。知り合いが増えてきたため、おしゃべりで忙しくしているうちにスタートの9時に。皆さんPC1まで休憩なしのノンストップで向かう雰囲気。PC1到着が12時を過ぎました。序盤は堤防の途中でSoyjoyを1本放り込んだだけ。多度大社あたりで、ハンガーノック気味になって一気に失速。仲間から遅れてしまいます。慌てて、おにぎりやスニッカーズを補給してしのぎましたが、補給のタイミングが遅かった。

2人には先に行ってもらって、マイペースで追走。そんな状況でも、PC1到着時には、まだ1時間くらいの時間貯金がありました。

ブルベで、屋内の席に座って食事をとったのは初めて(笑)。
PC1ローソンにて座ってお食事
うれし~い。

PC1を出発です。


(3)GPSナビ不調(実は勘違い)でミスコース
pc1を出発後に、GPSナビのルートが消えてしまってパニック。途中まで前を行きましたが、2人には先に行ってもらい、なんども停車して復帰を試みます。が、どうしてもルートが表示されません。
予備機に切り替えても同じ症状。原因がわからないため、GPSナビを諦めて、キューシートで走ることに。

ところが、恥ずかしながら、キューシートでルート確認しながら走るのは今回が初めて(爆)。なかなか要領がつかめず、伊賀越えの前半で大きくミスコース。20分ほどロスしてしまいました。

その後、GPSナビ不調の原因が機械の問題ではなく、自分が勘違いして表示すべきルートを間違えていたことにようやく気が付きました。つまり、はじめからGPSに問題は無かったのです。

※ルート情報を100km単位で3分割していたため、途中でルートを切り替えなければいけないのですが、そのタイミングを誤ったためルートが消えたように見えたというのが真相。

※午前中のハンガーノックの影響で、脳にダメージが残って、ふだんよりも思考力や判断力が低下していたかも…


GPS再設定のロス 合計 10分以上。

AR中部のコースは一筋縄ではいかないルート。今回もミルクロードが予想外にアップダウンの連続で足をけずられました。
今度は、ひろんさんが上りに入るたびに目立って遅れ始めます。なにかトラブル発生か…?

PC2に到着するころにはダントツで最後尾。

到着すると、AR中部名物のHさん節(爆)がさく裂…、

このくらいの時間で来る連中は、みんな体型が似ているね~


吠えるAR中部Hさん
レシートをゲットして小休止していたら、またもやHさんが吠える…、

30分は貯金をもって行ってもらないとね。
いつまでも休んでないで、もう出発してよ!!


と温かい励ましのお言葉(爆)。

(4)伊賀越えの山中でパンク
PC2を出発してから尿意をもよおしたため、一人路肩に停車して、満開の山桜を眺めながらキジ撃ち(笑)。

キジ撃ちのロス 5分

でも、峠にかかる前に軽量化したと思えばね…(笑)

伊賀越えの上りにかかったあたり、先行する仲間を追いかけようと、調子よくペダルを回していたところ、パカーンと轟音とともに、突然、後輪がパンク。貫通やリム打ちとかではなく、チューブが縦に裂けるバーストパンクでした。
BRM412伊賀越えの前哨戦でパ

自分としては手際よく修理したつもりでしたが、20分以上かかってしまいました。
CO2ボンベで迅速修理だ
CO2ボンベを使うのは2回目の経験(汗)。

バーストの原因。ブルベ出走前にチューブを入れ替えましたが、チューブの継ぎ目が縦に裂けています。ねじれや挟み込みがあった形跡はありません。
新しいチューブが1年以上買い置きしたままの新古品だったので劣化していたのかもしれません。あるいは、朝、空気を入れる際に、ゲージを見間違えて空気を入れ過ぎていたのかもしれません。朝晩の気温差が大きいので、昼間は2割以上、空気圧が上がることもあるそう。

パンク修理のロス 25分

酷道25号とはよくいったものです。途中100mほどのダート区間があり、23cタイヤでの通行は気を使って疲れました。

◆ 命がけの追走劇になっちゃっうなんて…

伊賀コリドールロード、いくつも連なる丘が行く手を阻みます。何度目かの上りで、ふと心拍計をみると、心拍数が絶対死守圏の160を超えています。

急性心筋こうそくを起し、手術を受けてステントを入れた心臓。リハビリを経たとはいえ、一般の人と違って、この程度でも極めて危険です。なにが起こるかわからない未知の領域。先を急ぐあまり、文字通り、「命がけ」の走行になっています。

(5)GPSナビのスマホとキューシートが落下
パンク修理やミスコースで遅れた分を取り返そうと、伊賀コリドールロードを自分の限界ギリギリまで回して先を急ぎます。

見通しの良い長い直線。位置エネルギーを上りの運動エネルギーに変換しようと空力ポジションで速度を稼いでいたところ、ダウンヒル途中で、キューシートが飛ばされ、gpsナビのスマホが架台から外れて路上に落下。

何しろ、かなりスピードが出ていたので、路面の窪地を回避できず。大きな衝撃でスマホが落下。かなり下った先でようやく停車。100mくらい上りなおして、落下物を探して回収。スマホは傷だらけになったものの、機能的な故障はありませんでした。

落下物回収で10分のロス。

これまでのロス時間の合計 -50分。
命がけで走って稼いだ時間 +10分。



これだけ、トラブルが続くと、さすがに前半で稼いだ時間貯金が底をつきます。ついに時間の余裕が0からマイナスになってしまいました。折り返しの150km地点PC3に到着する前に、貯金ゼロでは、勝算はほとんどありません。PC3の先に最大の難所、青山峠が待ち受けているのですから。

125kmの通過チェックポイントに到着すると、ひろんさんがひざ痛でDNF宣言していて、kanzさんは、一人でゴールを目指すという状況。ひろんさんは、伊賀上野から輪行で帰宅するとのこと。

ここで、大人の選択を迫られます。

自分より上りの速いkanzさんは、まだ間に合う可能性がありますが、自分は青山峠越えにかなりの時間が必要。そもそも、夏ウェアにウィンドブレーカーだけの軽装で夜間の峠越えは冒険的過ぎます。
スタッフの方は、「PC3まで行ってみては」と云いますが、自分が継続すると、律義なkanzさんが自分に合わせてペースを落とさざるを得なくなるでしょう。お荷物になって足を引っ張りたくありません。
また、今日は体調が良いだけに足がよく回り、なおさら心臓に負担をかけてしまいます。ブルベを命がけで走ってはいけません。

潔く、DNF宣言しました。

※「輪行で帰ろうよ」という、ひろんさんの誘惑に乗せられたというのもあるけど(爆!)

どうやら僕は、ダースベーダーひろん卿によって、ブルベのダークサイドに落とされてしまったようです。

DNF宣言後…
125kチェッっポイントでDNFは

妙にハイなダースひろん卿。やっぱり、ダークサイドに落ちてるぞ!!


近鉄特急で輪行は極楽じゃ!!  に続く
スポンサーサイト
【 2014/04/16 (Wed) 】 自転車生活 ブルベ | TB(0) | CM(8)
kanzさん

ぎりぎり完走は本当に御見事でした。
AKM48のベスト・ランドヌール賞がもしあったとしたら、
間違いなく受賞決定でしょう!!

さて、
ダークサイドDNFの輪行で行く近鉄特急指定席は、相当ヤバイです。
なにがって、あまりにも快適で極楽過ぎます♪

一度、覚えると病みつきなりそう(爆)。
だから、落ちたら戻れない、ダークサイドなんですよ。

ブルベシーズンが終了したら、グルメ・ポタに出かけましょう。
【 2014/04/17 】 [ 編集 ]
お疲れ様でした
本当はガーミン充電不能を理由に一緒にDNFしたかったんですよ
でもベイダー卿が『充電器貸そう』と言われたのでDNFする理由
がなくなってしまったというのが真相です。
なぜダークサイドに連れていってくれなかったのでしょう?
それにしてもかなり無理させてしまったようで申し訳ありません
でした。今度はゆるぽた行きましょう。
【 2014/04/17 】 [ 編集 ]
MMRさん、お疲れさまでした。

補給の重要さは認識していたんですけど、午前中ちょっとうっかりして忘れていた、というのが今回の失敗です。
   ⇒うっかり忘れるくらいだから、認識してないだろうって? はい。

ものの本によれば、一人一人エネルギー効率が違うそうで。補給のタイミングもまたそう。
同走者いる状況でもマイペースを保つことを今後の研究課題にします。
【 2014/04/17 】 [ 編集 ]
貴重なアドバイスありがとうございます。
shigaさんって、もしかして、ブルベ300kmを走ってから、そのまま伊吹山ヒルクライム・レースに参戦されたという豪脚の方ですか?  ひろんさんから噂を伺っています。

たぶん、スタート会場ですれ違いましたね。

アドバイスありがとうございます。特に、信号停止ごとに一口ずつ補給するというのは、ナルホドと思いました。さっそく、今週末の丸岡200で実践してみます。
【 2014/04/17 】 [ 編集 ]
お疲れ様でした。
無事のご帰宅、なによりです。
実走で得られた経験は次回に必ず継ります、楽しく走りましょう。

『食べれなくなったらブルベは終わり』とも言われるくらい長距離ライドはエネルギーの補充が必要です。
PCの度に、とにかく食べる、走りながら食べる..
食欲がなくても食べる、コマメに食べる(笑)

ブルベって地味にエンゲル係数高めです(笑)



【 2014/04/17 】 [ 編集 ]
ご参考になれば
こんにちは、DNF残念でしたね。でも、今回の失敗が次回の成功に繋がりますので。

この時期の服装は悩みますね。私は車に3シーズン分のウエアを用意して到着時に構成を考えます。
今回は毎夜冷えていたので春仕様に防寒具の組み合わせでした。レインウエアとウンドブレーカを兼用しています。

補給はスティックなどを信号ストップ毎に一口づつ補給するようにしています。
PCがガッツリとります。

GPSルートはPC区間ごとに作成し全ルートを表示させておきます。案内は切ってあります。
ポイント毎にキューシートで確認しています。

基本直前の機材交換はしません。した時はその機材を使うシーンにて100kmほど問題ないか確認します。

あとは勇気ある撤退ですね。一番大切なのはセルフマネジメントだと思っています。今回は残念ながらDNFでしたが、潔いご決断です。

最後に長いコントをしてご迷惑をおかけしましたが、良いブルベライフをお送りください。
【 2014/04/17 】 [ 編集 ]
近鉄特急は極楽だったなぁ~
ダースひろん卿

おつかれさんでした。
初めての輪行も、ベテランの人が一緒だったので
不安なくいけましたwww。

ひざが早く治りますよう。

【 2014/04/17 】 [ 編集 ]
あのね
膝が痛いってのはケッコウ
辛いんだよねー
ひとりのリンコーもきっと
寂しい
【 2014/04/17 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

老ディー

Author:老ディー
愛知県の真ん中あたりに在住のフィフティーズ自転車少年。
あることがきっかけで、30年ぶりに自転車の楽しさを再発見しました。
持病と上手に付き合いながら、日々マイペースで楽しんでいます。
フォーティーズの自転車女子も時々登場♪。

最新記事
検索フォーム
QRコード